バイクパッションの日本全国紀行

バイクに乗ることは実運動量的には大したことはありませんが、一定の距離のツーリングはかなりの疲労感になります。
また、プロ棋士の藤井四段の活躍などで棋士の食事について注目が集まっていましたが、脳はカロリーの消費が激しい場所で、プロレベルで脳を動かすと脳に大量のエネルギーが必要みたいですね。
そういう意味ではバイクに乗るのは集中力が必要ですし、エネルギー消費が大きいのかもしれません。
と言うわけで気になったので調べてみました。

そしたら意外にも?ちゃんと算出できるようです。
こちらのサイトを参考にさせていただきました。
METsという安静状態を基準にしたときの消費カロリーの倍率2.5だそうです。
安静にしている状態よりも2.5倍のカロリーを消費していることになります。
そう表現するとわかりにくいですが、2.5とは近所の散歩と同じ数値とのことで、そこまで大きい数値ではないようですね。

しかし、METsを使って消費カロリー(kcal)を計算する場合(簡易式)は1.05×メッツ×時間×体重(kg) となるそうで、実際にツーリングをする場合はそれなりの距離を走ることが多いので、トータルで結構な消費カロリーになっているなんてことも多そうです。
と言ってもそんな距離を走る時には現地の名物についつい手が・・・なんてこともあって結果的に消費した分を補給してしまうことも多いんですけどね。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

先日の記事で未来型バイクと言えるモトロイドについて紹介させていただきました。
バイクでテクノロジーを導入する部分と言えば車体になってくるでしょうけど、最近の進化はそれだけではないようです。
それはヘルメットです。
スマートヘルメットと呼ばれています。
スマートと言っても当然細身のヘルメットというわけではなく、スマートフォンのスマートと同じニュアンスで、ネットワーク技術などを取り入れられたヘルメットのことを指します。
今回もまずは動画を。

  

シールドの部分がヘッドマウントディスプレイになっていて、リアビューカメラの映像を投影したりGPSの情報を投影したりできるようです。
また、スマホと同期することで音楽を流したりグループトークなどをしたりすることもできるようで、こちらもインカム代わりになりそうです。

さらにサウンドコントロール機能があり、不快な周辺の音声をカットすることもできるそうで、その結果疲労軽減の効果もあるとか。

スマホにしろ専用のナビにしろ画面を見るには一瞬道路から目を離す必要があったので、このヘルメットであれば安全性も高まりそうです。
価格未定ですが2018年に発売予定とのことで、安価で買えるほど普及してくれると嬉しいですね。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

本日、都内でヤマハがトークイベント「救え!断念バイカー」を開催しました。
駐輪場がないなど様々な理由でバイクに乗りたいけど乗れない人を断念バイカーと呼び、そんな断念バイカーにもう1度バイクに乗りませんかと呼びかけるようなイベントのようです。



18歳から29歳の若者に意識調査を行った結果約半数断念バイカーに該当するそうで潜在的な需要が大きいことがわかります。
あまり聞き慣れない言葉だと感じたので検索したら本日のイベント以外で目立ったのは1年前に同じくヤマハが主催したイベントの記事でした。
確認は取れませんが、ヤマハが便宜上名付けた造語なのかもしれません。

ところでこういったイベントで使われる言葉であればバイカーよりライダーを使うことが多いとは思いませんか?
バイカーのWikipediaを見てみるとバイカーという言葉にはアメリカンバイクというニュアンスもあるようですが、要出典が多くてちょっと笑いました。

結局定義は曖昧というか諸説あるようですが、個人的にはバイクに乗ることに重きを置いている場合がライダーでファッションも含めたバイクが趣味という場合がライダーという感じがしました。
あくまでニュアンスなので範囲を決めにくいためどういった説を前提としても定義付けは難しそうですね。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

このページのトップヘ