バイクパッションの日本全国紀行

2014年05月

みなさんは日本一の長さをほこる直線道路をご存知でしょうか。
Route12











答えは北海道にある国道12号です。

日本最長の直線道路は29.2kmで、仮に時速60kmで走り続けるとすると30分弱ひたすら直線が続きます。

今年の夏休みに北海道ツーリングを考えている方は、こちらの道もコースに取り入れてみてはいかがでしょう。


では、世界一の長さをほこる直線道路はどこにあるでしょうか。

答えはオーストラリアです。
800px-Nullarbor_warning_signs,_2012










「エアハイウェイ」と呼ばれるオーストラリアの国道1号線です。

オーストラリアのナラバー平原という場所にあり、その距離は146.6km

時速60kmで走り続けるとすると2時間半ほど、ひたすらに地平線に向かって走り続けることになります。

周囲を見渡してもパノラマまるごと地平線です。

ちなみにエアハイウェイはこの世界一の直線だけでなく、ちょっと曲がっても、またひたすらに直線が続くような道です。

もしオーストラリアまで行って延々直線を走りたい願望に駆られたら、ガソリンタンクが必要になりそうです。

バイクで得られる開放感も解放感も世界一の場所かもしれません。



バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

バイクにとってハンドルは非常に重要なものです。

乗っている間はずっと触ることになりますし、ハンドルが変わると姿勢や乗り味も変わることになります。

ハンドルには「セパレートハンドル」「バーハンドル」という、基本的な2つの種類があります。

カスタムを考える際には、このどちらかを選んでから具体的なハンドルを決めていくことになります。


■セパレートハンドル
multiClip











左右でわかれていることからセパレートハンドルと呼ばれます。

略称は「セパハン」ですね。

スーパースポーツなどのバイクに用いられるハンドルで、取り付け位置が低い位置になるのが特徴です。

このため乗車姿勢は前傾になりやすく、スポーツ向きの乗り味になります。

一方でツーリングなど長距離の走行にはあまり適していません

また、ハンドルの切れ角が少なくなるため、取り回しにくくなるというデメリットがあります。


■バーハンドル
7089_1_l











バイクの基本的なハンドルで、略称を「バーハン」と言います。

ネイキッド・アメリカン・オフロードに多く用いられるハンドルで、構造上ハンドル位置がやや高くなります

セパハンと比較すると取り回しやすく、ライディングポジションが楽なのが特徴です。

また、カスタムしやすいというメリットもあります。チョッパーハンドルなどもバーハンドルの一種ですね。

どちらが良いのか迷ったら、バーハンドルを選ぶと後悔は少ないでしょう。



バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

日差しがまぶしい日と、しんみり曇天が入り混じる季節になりました。こんな時期こそ、風を感じたいと思うのが、バイク乗りなのではないでしょうか?

今回は、R299からR140を経由する、秩父ダムルートをご紹介します。
798px-Urayama_Dam










皆さん、スペシャルダムカードをご存知ですか?

ダムカードはすでに有名ですが、スペシャルダムカードについてはあまり知られていないのではないでしょうか。

ルートと合わせて解説していきたいと思います。

スペシャルカードは、秩父4ダム巡りでゲットできます

4ダムは「二瀬ダム」「浦山ダム」「合角ダム」「滝沢ダム」です。

この4か所で通常のダムカードを入手し、それを「二瀬ダム」に持ち込めば、スペシャルカードを貰えるのです。

日帰りのツーリングは、翌日に疲れを残さないのが鉄則!

そんなわけで、理想の距離は200から300キロです。ダム巡りは1日にしてならず。4か所のコンプリートを目指すなら、2回に分けるのがおすすめです。

ただし、長距離ライダーの方で、例えば1回のツーリング距離が600キロなんて猛者の方々でしたら、話は別です。
 

まずはR299について。長野県茅野市から発して埼玉県入間市で終わるR299は、総距離194,7㎞の国道です。秩父から十国峠を越えて八ヶ岳に至る、人気のルートとなっています。

「合角ダム」を最初のポイントと設定して、その前に立ち寄るべきおすすめ地点が!

「道の駅 果樹公園 あしがくぼ」です。ルート299上にある事でも知られていますが、ここに立ち寄るべきなのは、ダム周辺にランチのお店が無いからです。

小鹿野町を通り、やがて最初の目的地「合角ダム」へ。「合角ダム」と書いて「かっかくだむ」と読みます。

到着したら、事務所でカードをいただきましょう。

R299からR140を経由して、「合角ダム」から「滝沢ダム」へ。

「滝沢ダム」のダムカードも、管理事務所でゲットできます。

ちなみに、ダムの放流日は予定が決まっていますので、もしご覧になりたい場合は、事前確認が必須です。

R140で「滝沢ダム」から「二瀬ダム」へ。

「二瀬ダム」方面には、ライダー御用達「バイク弁当」の名店、大滝食堂というお楽しみが待ち構えています。ただし、土日営業で、営業中は混雑が予想されます。

お立ち寄りの際は、営業時間をご確認の上でお出かけください。

ダム管理事務所については、HPをどうぞ。

施設内部の見学会も開催されていますので、参考になさる事をおすすめします。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

みなさんはツーリングする時のルート決めをどうのように行っていますか?

「最終目的地だけを決めて後は気の向くまま」
「経由するポイントは決めておく」
「ルートまでしっかり決めておく」

それぞれツーリングを楽しむための方法ですが、
今回は「ルートまでしっかり決めておく」ツーリングを楽しむ際に役立つwebサイトをご紹介したいと思います。

a1600_000112













■Google Maps

みなさんGoogleマップ自体は馴染みがあると思いますが、このGoogleマップはツーリングのルートを決める時にもとても便利なんです。

Googleマップには、航空写真を見られるグーグルアースや、実際にその場の様子が写真でわかるストリートビュー機能がついています。

これを使えばルート上にある休憩場所やガソリンスタンドなどのポイントチェックが簡単に出来ますので、ツーリングコースの下調べには非常に便利になります。

また、気になる場所やお店がある場所にはマークをつけてお気に入りとして記録しておくことも出来ます。

スマートフォンと連動させればスマホナビでお気に入りポイントを目的地として設定するなんて事も出来ますよ。

またGoogleマップには「新しい地図の作成」という機能があります。
これを使って「ルート案内地図」を作成すれば一緒にツーリングに行くメンバーそれぞれにツーリングマップを配布する事も出来ます。

複数人でツーリングに行く際、全員でツーリングコースを把握出来るのはとても便利ですよね。



■ルートラボ

ルートラボは地図上で行きたいポイントをクリックするだけで半自動的にそこまでのルートを作成してくれるサイトです。

ツーリングのルートには山道などが多い場合がありますが、ルートラボはルートを作成した際に自動的にルートの標高グラフが表示されます。

これなら実際の道路の傾斜までイメージ出来ますね。

また、作ったツーリングルートは保存しておくことが出来、いつでも確認したり編集したり出来るのも便利です。

更に作成したルートは公開・非公開の設定を自由に出来、人と作成したツーリングルートを共有したり閲覧も出来るんです。

他の人が作ったツーリングルートを参考にしたり保存したりすれば、自分のツーリングルートの幅も広がりますね。



暖かい日も増えツーリングには気持ちの良い気候になってきました。

ツーリングに出かける機会も多くなってくると思いますので、その際はぜひ自分でルート地図を作ってツーリングを楽しんでみてください。



バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。



エンジンオイルはバイクにとって、とても重要なものです。

ガソリンが人を動かすための「食事」だとすれば、エンジンオイルは「血液」のようなものです。
026577









エンジンオイルが果たしている役目は5つあります。

1.潤滑

エンジン内ではピストンがひっきりなしに動き続けていますが、オイルなしで金属同士がこすれあうと摩耗や発熱が生じて、エンジンがすぐダメになってしまいます。

エンジンオイルはピストンを潤滑させ、金属同士の摩擦を軽減します。


2.密封

エンジンオイルはピストンとシリンダーの油膜をはることで、エンジンが生み出したパワーを駆動系に伝わるように密封しています。

密封することでエンジンで発生したエネルギーのロスを防いでいます

たとえば、ちいさな穴があいた浮き輪よりも、穴のあいていない浮き輪の方が空気を入れるのは簡単なのと同じようなものです。


3.冷却

エンジンオイルはエンジンを冷やすための役割を持っています。

エンジン内で潤滑油として働いたエンジンオイルは熱を持っているため、一度エンジンを離れてオイルクーラーで冷やされてから再びエンジンへと戻ります

イメージとしてはエンジンが「心臓」で、エンジンオイルが「血液」ですね。

以前紹介した「空冷と水冷、冷却方式の違い」も、エンジンオイルを冷やすための方式の違いです。


4.清浄分散

エンジンが動いている間、エンジンにはさまざまな汚れが出ます

これらの汚れをエンジン内から完全に排除することは難しいのですが、その汚れはエンジンオイルが吸収して一か所にとどまらないようにします

人間でも心臓に血液の通わない場所が出来てしまったら命に関わるでしょうが、血液がドロドロになるぐらいならすぐ病院に行く必要はないですよね。

エンジンオイルの場合は交換出来ますから、エンジンオイルが汚れを吸収すれば汚れはいつか外へと排出出来るわけです。


5.防錆防食

エンジンの内側と外側で温度が変わるため、暖かいエンジン内部には水分が発生することがあります。

冬の日に暖かい家の中に結露が出来るのと同じです。

また、エンジンを動かすことで発生した化合物は、エンジン内を腐食させる原因となってしまいます。

これらが発生してしまうと、エンジンは本来の力を出せなくなってしまいますが、エンジンオイルは金属に油膜をはることで錆と腐食を防ぎます。



エンジンオイルがバイクを動かし守る「血液」の役目を果たしているのは分かっていただけたでしょうか。

ちなみにエンジンオイルは清浄分散や防錆防食の役目を担っていますが、エンジンオイル自体も使うごとに汚れていってしまいます

吸収した汚れと、エンジンオイル自体の劣化によって、同じエンジンオイルを使い続けると、次第に本来の役目を果たせなくなり、エンジンを痛め、エンジン自体のパフォーマンスも落ちていきます

ですからある程度使った段階で、エンジンオイルは交換する必要があります

一般的には「3000km」か「6ヶ月」どちらかを満たした時、エンジンオイルの交換が必要と言われています。

同じバイクにずっと乗って行く場合にも、どこかのタイミングで買取に出す場合にも、エンジンが傷んでいて良いことはありません

また乗り味にも影響を与えますので、エンジンオイルは定期的に交換しましょう。



バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

このページのトップヘ