バイクパッションの日本全国紀行

2015年01月

今回ご紹介するツーリングスポットは、
茨城県神栖市の「波崎ウィンドファーム」です。


茨城県神栖市波崎町の海岸に位置している風力発電施設です。

東京からだと東関東自動車道を利用して約2時間ほどのアクセスであります。

潮来インターチェンジを降りて、
海沿いを走り始めると見えてくるのが、巨大な2基の風車

巨大な建造物はいつ見ても、気分をワクワクせさます!

この風車はこれまでにも数々のスポットを浴びていて、
多くのテレビドラマや映画、CMなどに登場してきました!

まさに日本一のタレント風車といえます。

また1基あたりの発電出力は、約2,000キロワットで
7基を合計した総出力は14,000キロワットになり
約7,000世帯の年間使用電力量をまかなえるといわれています。

ツーリングの際にオススメなのが、
数kmに渡たり、立ち並ぶ風力発電群に沿ったストレートです。

風車を背景に走るのは、日本ではこの場所でしか体験できません。
スゴく良い画になりますし、
走っていると、今までに感じたことのない気持ちにさせてくれます。

そのため、ここを目的に来るライダーは
何度も往復して走ってしまうみたいです(笑

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

甲州の名物と言えば「ほうとう」が最有力地元メシなのではないでしょうか。
冬のバイクライダーは底冷えのする寒さと常に根競べをしている物ですので、芯から温めてくれるこのメニュー、ぜひ食べに行ってみませんか?

800px-Lake_Kawaguchiko_Sakura_Mount_Fuji_3











山梨県は観光スポットにも事欠かない土地です。
河口湖や勝沼葡萄の郷など、食事以外にもお楽しみが満載の名所の中から、ツーリング途中に寄りたい「ほうとう」の名店をご紹介します!
ほうとうを提供している飲食店の多くが団体客にも対応してくれる規模を備えていますが、人気店の場合はそれでも予約が必要なケースも。ご訪問の際は事前の確認をするといいでしょう。
それぞれに定休日や営業時間が異なりますので、十分に注意して下さい。


756px-Houtou■小作
南都留郡富士河口湖町船津1638-1
ほうとうは山梨県の民間伝統食です。霊峰富士の湧水があってほうとうがある。この関係性は絶える事なく現在に受け継がれています。
小作は山梨県内に展開している「ほうとう」の外食チェーンで、特にこちらの河口湖店では「あずきほうとう」がスペシャリテなのだとか。
1月に嬉しいお汁粉のような「ほうとう」は、厳しく突き刺さる外気に対抗する気力体力を回復させてくれるでしょう。
通常の「ほうとう」単品やセットメニューにも定評があります。



800px-Katsunuma_vineyard_02■皆吉 (みなき)
山梨県甲州市勝沼町等々力1372
特に土地柄でオススメなのがこちら、勝沼町の「みなき」です。
外国人にも人気の名店として知られるこちらは、山梨切ってのワインの里「勝沼ぶどう郷」という立地の為、ぶどう狩りやワインの購入と併せて利用するお客様が多いのが特徴でしょう。
人気の「みなきほうとう」以外に鳥もつ煮なども楽しめます。







■七福 本店
山梨県甲州市塩山熊野56-3
三種類の合わせみそやオリジナルブレンドのだしなど、こだわりのほうとうを提供してくれる「七福」
こちらでは「ほうとう」だけじゃなくて本格そばも選べます。
そば粉から自家栽培するというこだわりっぷりなのですが、ざる、かけ、冷やしタヌキなどそばメニューのラインナップは半分が冷たい品です。
そばののど越しはやはり夏にこそふさわしいのかも知れません。
ほうとうメニューのおしながきは「ほうとうセット[ライス・馬刺・漬物]」「ほうとう(塩こうじほうとう)」「これぞ山梨のほうとうだ」の3品。
気骨あふれるネーミングに期待が高まりますね。


バイクとグルメは切っても切れない関係にあります。
どうせ美味しい物を食べるなら、健康な体を作ってくれるほうとうのような食事をぜひ選んで下さい。
ライダーは体力が命ですから。
バイクパッションはいつでも皆様のよりよいバイクライフを祈っております!





バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

1月の厳しい寒さはバイクライダーにとっては辛い時期ですね。
皆様のバイクは眠っていませんか?

今回ご紹介するのは、冬でも日和によっては夏のような景色を楽しめる通称「サンピンピン」
去年から全国的な注目を集め続けている「紀伊半島」を走る国道311号線です。

800px-Route42_in_owase_03












国道311号線基本情報

国道311号線は、和歌山県の霊場、熊野三山のたもとを突き抜ける表情豊かな幹線道路です。
三重県尾鷲氏から発して和歌山県西牟婁郡上富田町まで至る道のりは、時に険しく狭隘なのに、場所によってははるかに視界が広がるパノラマスカイラインとして知られています。
路線としての総延長は160.6kmで、制定が1970年。
開通から40年以上が経過していますので、場所によって路面が荒れているのはご愛嬌。

昭和の終わりごろに至るまで不通区間が残っていたラインでしたが、大規模なトンネル工事の末に完成したのが「八鬼山トンネル(2364m)」と始めとした長大トンネル群です。
トンネルの数の多さと、山の緑と海の青さを同時に楽しめる紀伊半島きっての名ドライブロード、311。
海に面した半島は比較的温暖な気候でライダーを迎えてくれるでしょう。


「サンピンピン」のオススメ立ちよりスポット

800px-Doro_Bridge_on_Kitayamakawa












■飛鳥神社の森
三重県尾鷲市曽根町610
ちょっとバイクを止めて一息つくのに最適な鎮守の森です。
このスポットは観光地化されていません。ですので、ゆったりとした時間を楽しめるはず。
逆に言うと、カフェなどあるわけもなし。こちらに立ち寄る予定があるなら保温の水筒を持ち歩く事をお勧めします。

800px-Hurusato_Center_Oto01










■ふるさとセンター大塔
311の終端へ向かうと、自然と目に入るのが道の駅でしょう。
サンピンピンにも道の駅が構えています。「ふるさとセンター大塔」と「熊野古道中辺路」のふたつ。
ふるさとセンター大塔の特徴は近くに「百間山渓谷かもしか牧場」がある所でしょうか。もし早めの時間にたどり着いたならば、かもしか牧場も見ておいて損はないかもしれません。

■熊野古道中辺路
中辺路の特徴は何と言っても熊野古道と、中辺路のレストランの「梅うどん」です。
18:30まで営業している農林産物直売所では草餅、山菜、みそ、めはりずし、干ししいたけなどを販売していますので、お土産によさそうですね。
めはりずしはヘルシーな事でも近年人気がありますので、女性への手土産にも喜ばれるでしょう。ただし、賞味期限が短いのでご注意下さい。




バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

320px-Banboku-pass











①ビーフライン
茨木県の笠間市の国道50号と
常陸大宮市の国道118号
を結ぶ広域農道です。

ビーフラインと呼ばれるこの区間は、
途中途切れながらも北茨城まで伸びていて、
高萩や北茨城の広域農道はかなりテクニカルなコースになっているので、
バイク乗りにはオススメです!

②メロンロード
茨城空港から県道重複区間を経由して
国道51号の大洗の手前に出られる広域農道です。

この区間はメロンロードと呼ばれていて、
標識がなく迷いやすいですが
道も綺麗ですし、走っていてとても気持ち良いコースです!

③奥久慈ライン
茨城県の最北部である大子町・旧里美村の山間部を
東西へと続く広域農道です。

久慈山地と八溝山地を越えるアップダウンの多いコースなので、
バイク乗りにとっては走る醍醐味になると思います。

④花貫ルート
高萩から国道461号を常陸太田方面へ抜けるのが花貫ルートです。
このルートは爽やかで景色も良くツーリングしていて
とても気持ち良い道といえます。

また花貫ダムを眺めたり、
花貫物産センターで食事や物産品の買い物できるので、
ツーリング以外の楽しみも多い場所でもあります。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

観光地としても有名な奄美大島は、じつはとてもバイクに親しみのある土地です。
その証拠に、奄美市役所にはツーリングクラブがあって、職員の皆さんがそこに所属して「ツールド奄美」に参加したりしています。
そんな奄美大島ですが、地理的には海に囲まれた島ですので、バイクと共に他の土地から訪れるにはフェリーに揺られて名瀬港へ向かう事になるでしょう。

800px-Kinsakubaru_wildwood















今現在のライダー向けフェリープランでは、18時に鹿児島を出発して、翌朝5時に奄美大島の名瀬港に到着します。
名瀬を出発したフェリーはその後、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄県本部、那覇へ。
もちろん、そのまま奄美大島を通過して最終地点那覇まで向かう事も出来ますが、鹿児島から那覇への道のりは、定刻通りに着岸できたとしても25時間の距離です。
もしもフェリープランを利用してのツーリングが初めてのようでしたら、まずは奄美大島ツーリングをおすすめします。
未明の名瀬港にバイクが下されるのは貨物の後ですので、夜明けの名瀬港を堪能できるはずです。

奄美大島名瀬の名所をいくつかご紹介します。

800px-Ferry_Kakeroma














■大浜海浜公園

日本の渚100選に選出された砂浜。亜熱帯植物が栽培されている公園には隣接して小浜キャンプ場があります。
小浜キャンプ場の管理は奄美海洋展示館が行なっていますので、利用についてはそちらへお問い合わせください。

■奄美海洋展示館
入館料500円で年中無休の水族館です。大浜海浜公園内にありますので、公園へ行くならぜひ立ち寄ると良いでしょう。
開館時間は9時30分から17時30分ですが、ハイシーズンには多少の変動があるようです。
奄美海洋展示館の名物は”ジオラマ”ならぬ”エコラマ”といって、海辺の生物がどのように自然環境に適応して生きているかという生態を観察できます。

■奄美観光ハブセンター
定番すぎて逆に穴場とも言える奄美観光ハブセンター。ハブセンターの名物はやはり言わずとしれたハブとマングースの対決かもしれません。
しかし、さらなるおすすめはお土産物として販売しているハブ粉や、ハブセンターから1.1kmの距離にある「鳥しん」という食事処です。
「鳥しん」はハブセンターから徒歩で約18分。ガイドブックにも名を連ねる人気店ですから必ず席が空いているとは限らないのですが、だからこそ訪れる価値があります。
必食メニューは「鶏飯」に「油そば」「たんかんジュース」など。

「鳥しん」
〒894-0000 鹿児島県奄美市名瀬伊津部町12-6
定休日:年中無休
営業時間については厳密な規定がないようですので、ご訪問の前にお電話などでぜひご確認ください。



バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

このページのトップヘ