バイクパッションの日本全国紀行

2016年07月

長崎県は火山によって培われた豊かな土地と、海の幸が魅力の地域ですよね。
都市部から離れればますます個性的な幸と出会うことができます。
今回は釣り人に定評のある「御床島(みとこじま)」をご紹介します。手前の崎戸島まで島伝いに橋がつながっていますから、泊りがけのスケジュールを確保できなかったライダーの方にもおすすめです。
 
Shionomisaki-lighthouse_Jul2006






■御床島
長崎県西海市崎戸町
:大島から蛎浦島(かきのうらしま)を経て崎戸島(さきとじま)まで橋がつながっており、御床島へは崎戸島から干潮時に歩いて渡ります。
御床島は北側が釣りスポットとして人気です。

■見どころ
・御床島灯台(御床島西方照射灯)
日本の三大夕日のひとつ、最も記憶に残る夕焼けに出会える灯台として知られています。
日没の時間を調べていらっしゃることをおすすめします。

・磯釣りのメッカ
無人島なのでかなり気ままに楽しめる反面、旅行者として、ライダーとして、また、釣り人としての品格が試されるスポットでもあります。
シーズンごとのメインターゲットはこちら。
春:クロダイ・スズキ・マダイ
夏:クロダイ・スズキ
秋:スズキ・クロダイ・メジナ
冬:クロダイ・スズキ・マダイ・メジナ
この辺りを狙う釣り人が多いようです。

島に取り残されないように、満潮、干潮の時刻をしっかり確認しておきましょう。
何もしないでゆったりと景色を楽しむもよし、釣果を待ちながらのんびりするのもよし。
お好きな方法で御床島の自然を体験していただきたいと思います。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

8b74c9b6be98c9fda3fab60dee59c222_s






真夏のツーリングで気をつけたいのが、熱中症
バイク乗りにとって日差しが強く、気温が高い日ほど辛いものはありません。走行中の熱中症は大事故につながるので、是が非でも対策したいところです!

■バイク乗りの熱中症対策
①直射日光対策
直射日光対策は暑くても肌を露出させないこと。直射日光は思っている以上に肌が熱せられます。急激な体温上昇は体力を一気に消耗させ、場合によっては熱中症につながることもあるのです。出来るだけ、直射日光に当たらないようにし、長距離の走行時はこまめに休憩を取るようにしましょう。ちょっとした気遣いが熱中症対策には重要です。

②バイクの発熱対策
直射日光だけでなく、バイクから発する熱にも要注意です!
バイクの種類にもよりますが、高出力のエンジンを搭載しているバイクだと、火傷するかと思うほどの熱量になります。
夏場暑いのはわかりますが、バイクによる火傷を防ぐためにも長ズボン(レザーパンツやジーンズ)を着用してください。

③汗対策
走行中、汗をかくことも多いかと思います。実は汗をかいたら効率よく気化させることも重要なのです。効率よく気化させることは、体温を大きく下げてくれるになります。体温が下がれば、快適な走行につながります。
通気性の高いライディングジャケットや下着などを活用して、出来るだけ快適な走行を心がけましょう!

この他にも真夏は水分補給が重要になります。休憩の際はこまめな水分補給も行うようにしましょう。また日頃から体力を付けることも熱中症対策になります。体を動かして体力をつけておけば、暑さにも強くなりますし、走行中の体力の低下も防げます。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

a9103ef867f86f6e28c7a5035457f99d_s










もうすぐ本州も梅雨明けを迎える頃かと思います。そこで、今回は夏場の暑さ対策をご紹介します。冬よりもツーリングに向いている夏ではありますが、暑すぎると負担とあります。安全なツーリングのためにも、今回ご紹介することを参考にしてくださいね!

■夏場の暑さ対策
①上着
バイクに乗る場合の基本は長袖です。
半袖だと涼しいと思われますが、日差しが当たって日焼けしてしまいます。特に暑い夏場にオススメなのが、メッシュタイプのジャケットです。通気性がいいので、走行中のムレを防止することができます。また風が服の間を通り抜けるので、爽快感があってとても快適です。

②パンツ

上着同様に安全面を考えるなら、長ズボンがいいでしょう。アスファルトからの照り返しによる日光から足元を守ってくれますし、マフラーの熱による火傷からも守ってくれるでしょう。

③ヘルメット
夏場に被るヘルメットとしてオススメしたいのが、ジェットヘルメットです。フルフェイスのヘルメットより安全に欠けますが、信号待ちの際に水分補給などの動作を容易に行うことができます。
またインナーキャップを使用するのもいいでしょう!
頭の汗からヘルメット内装を守り、臭いやベタつきを抑えることにもなります。

他にも外気温が低い早朝に出発するとか、バイク自体の熱を上げないために低速運転などを取り入れるのも効果的です。
夏場のライディングは思っている以上に体力を消耗させます。今のうちから、しっかりと暑さ対策を心がけていきましょう!

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション


バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

瀬戸内海の島々はオールシーズン楽しめますが、特に夏は島を取り巻く海の輝きが最高潮に達する時期。
夏季ツーリングは体温調節などの課題があるものの、さまざまな苦難を乗り越える努力をするだけの価値がありますよね。
おすすめのツーリングスポット、島ツーリング11回目の「蒲刈島(蒲刈群島)」をご紹介します。

「有人島」に数えられる418島の中の11島目。日本独自の風土を誇る瀬戸内海の魅力を最大限に楽しみましょう!

Kami_kamagari_mukai








■蒲刈島基本情報
・所属
広島県呉市
・交通
蒲刈大橋
豊島大橋
・観光
釣り
県民の浜
カフェ
コテージ
七国見山
桂の滝

■ツーリングのおすすめ
蒲刈島は蒲刈大橋と豊島大橋で安芸灘諸島と連絡しています。広島ツーリングの流れで赴きやすいポイントです。
蒲刈大橋と豊島大橋を含む安芸灘諸島連絡架橋(あきなだしょとうれんらくかきょう)は本州と大崎上島までをつないでおり、今後の計画として大三島まで竣工して瀬戸内しまなみ海道に連絡する予定なのだとか。
今後の工事計画に注目したいところです。

・お食事処のおすすめ
かつら亭蒲刈本店
恵みの丘レストラン
レストランあび
花美月
うどんの原
食事処とっくん

・お土産物のおすすめ
藻塩アイス・蒲刈いちごミルクアイス
いちごジャム・すももジャム・でこぽんジャム
味のり
たこかまぼこ・たこ天
蒲刈特産「すもも」
海人の藻塩

・土産物処
潮騒の館
であいの館
蒲刈物産

蒲刈の特産品は、やはり手作りの藻塩やかまぼこ、季節によっては冷凍ものでひんやりクールに楽しめる果物でしょう。
夏にはアイス替わりに楽しむのがおすすめです!


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

man-1418945_640






バイク乗りにとって、雨ほど嫌なものはありません。特に梅雨の時期は尚更。そこで、今回は「雨の日に適した格好」「雨の日に気をつけること」をご紹介します。梅雨の時期なので、ぜひ参考にしてくださいね。

■雨の日に適した格好
①フルフェイスヘルメット
シードルの無いヘルメットだと、「風雨」や「車の巻き上げる水」などで運転に支障をきたしてしまいます。
安全面を考えるなら、フルフェイスヘルメットの無難といえるでしょう。

②レインウェアを必ず着用
さまざま種類のレインウェアが販売されていますが、雨の日はバイク専用のレインウェアを着用するようにしてください。バイク専用のレインウェアは走行に適した構造になっているので、雨水が染み込みにくく、不快さが少ないといえます。

③レイングローブ
クラッチやブレーキの操作に影響しますので、雨専用のレイングローブを着用するようにしてください。

■雨の日に気をつけること
①マンホールや側溝などの金属部分
マンホールや側溝などの金属部分は、雨で濡れるとたいへん滑りやすく危険です。出来るだけ避けて走行するようにしましょう。
※コーナー付近に設置されている場合もあるので、十分に注意が必要!!

②前方車両と対向車からの水
バイクに乗ると避けられないのが、前方車両と対向車からの水。水しぶきがかかると、一瞬視界が奪われためたいへん危険です。出来るだけ交通量の多い道路避ける、雨が強い時は弱まるまで待つなど対策が重要です。

雨の日は晴れの日以上に、気をつけて運転しなければなりません。今は梅雨時期でもありますので、十分に安全対策を取るようにしましょう!

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

このページのトップヘ