バイクパッションの日本全国紀行

2016年10月

天高く馬肥ゆる秋も終わりに近づいています。
食欲の秋。芸術の秋!
ツーリングでお出かけの際には視覚、味覚、そして精神、すべての充足感を得られるスポットとして、アートに力を入れている地域を選んでみてはいかがでしょうか。
今回ご紹介する「島ツーリング」の行き先は愛知県所属の「佐久島」です。
残念ながらカーフェリーが運航しておらずバイクの持ち込みはできませんが、島内にレンタルサイクルショップがあります。一色の駐車場に愛車を置いていくことになりますが、日帰りできる距離なのでぜひ足を延ばしてみてください。
 
Sakushima_Hamakaze1







■佐久島
愛知県西尾市
佐久島は愛知県内の離島としては最も面積が広い有人島。
観光業に力を入れており、特色としては島にあふれる「アート」があります。
土地と芸術が織りなす独特の景観は写真撮影にもピッタリ。
全域が三河湾国定公園に含まれるほど優れた天然資源に恵まれた土地です。

交通
西尾市営渡船
佐久島渡船が「一色」と「佐久島」をつないでいます。
「一色」発着の始発は朝6時30分で、最終は17時50分です。

見どころ
島特有の伝統芸能が残されており、若い世代に継承された舞踊などは一見の価値があります。
景観スポットの人気第一位は西地区、石垣(しがけ) 海岸。「おひるねハウス」です。
「ひねもすのたり、のたりかな」という表現がぴったりなコンセプトで作られた展望所から眺める海は必見!
他にも島固有の住宅群、古墳、佐久島のアイドル、ヤギの「ノンとビリー」など、魅力は尽きません。
筒島(弁天島)には弁財天が祀られています。商売繁盛を祈願してみては?

グルメ
島の人気グルメは「このわた」「磯牡蠣」「タデ」「タコ」など。
タコしゃぶ、磯牡蠣茶漬け、タデ汁などがおすすめ!
お土産には高級食材「このわた」が喜ばれます。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。  

島は島でも「住人」のいない島があります。
日本全国6,852の島々の多くはそうした無人島ですが、陸からの距離などの条件によっては、それでもなお観光名所として知名度の高いものもあります。石川県の見附島もそのひとつです。
別名軍艦島。
長崎県の端島はその機能も含めて要塞のようだと評されて「軍艦島」の名前を冠するようになりましたが、こちらは由緒正しいありのままの軍艦島です。
ツーリングで目指すチェックポイントのひとつとしておすすめします。
 
Mitsukejima_(Ishikawa)_1







■見附島基本データ
石川県珠洲市宝立町鵜飼。石川県珠洲市の能登半島国定公園
交通および駐車場:
国道249号線を走っていれば珠洲市役所と恋路海岸の中間あたりから見ることができます。
専用駐車場はなく、また、バイクやマイカーで見附島に渡る橋もありません。見附島は周囲約0.4㎞の小さな島ですから、おすすめは恋路海岸まで出て無料駐車場にバイクを止め、徒歩で渡って散策する順路。
見附島付近からは県道26号線で内陸部へ入っていけます。

■見附島について
見附島はかつて運航していた能登急行のヘッドマークにもなった島で、佐渡島から能登に渡った弘法大師が最初に見つけた島だと言われています。
このことから「見つけ島」を転じて「見附島」と名付けられたのだとか。
見附島周辺は国定公園として整備されており、国民宿舎などの施設があるので泊りがけのツーリングにもピッタリのスポットです。

■名物
グルメとしては能登の名物、のどぐろや甘海老、サツマイモ、能登牛などに定評があります。
また、見附島そのものも観光名所であり、記念撮影に絶好のスポットです。ライトアップされることもあるのでイベント情報などをチェックしてみるといいでしょう。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。 

瀬戸内海は温暖な気候で数多くの島々を包み込む地形をしています。
瀬戸内海で外周が0.1㎞以上の島は727島もあり、日本全国6,852の島々のうち1割以上を占めます。
今回ご紹介する「下蒲刈島」はランキングで上位に上ることはありませんが、瀬戸内海の島々を構成する拠点のひとつです。
冬から春にかけては海産物も旬を迎えますので、ぜひ訪れてみていただきたいと思います。
750px-安芸灘とびしま海道






■下蒲刈島基本データ
広島県呉市下蒲刈町
下蒲刈・蒲刈・豊浜・豊・関前の地域間交流と連携を推進する「とびしま海道」の拠点のひとつ。
瀬戸内海中部に浮かぶ苺や蜜柑などの栽培で有名な島です。
 
・交通
安芸灘大橋(安芸灘諸島連絡架橋の1号橋)と蒲刈大橋(安芸灘諸島連絡架橋の2号橋)で本州と上蒲刈島と連絡しています。
2号橋は1979年開通。1号橋は2000年開通。これを含む8つの橋梁を総称して「安芸灘とびしま海道」と呼びます。
 
・観光名所、見どころ、体験
蘭島閣(らんとうかく)美術館
松濤園(しょうとうえん)
大平山(島の最高峰)
大平山公園
定置網観光
梶ヶ浜海水浴場・キャンプ場
姫ひじき塩づくり体験
福島がんぎ
昆虫の家「頑愚庵」
白雪楼
三之瀬御本陣芸術文化館
 
・宿泊
漁師の宿「大蔵屋」
住所:広島県呉市下蒲刈町下島3206-28
電話番号:0823-65-2860
コテージ梶ヶ浜
住所:広島県呉市下蒲刈町池之浦
電話番号:0823-70-8151
 
・食事
「梶ヶ浜のお月さん」「お食事処 麒麟(きりん)」など、地元料理を楽しめる親しみやすいお店があります。小腹がすいた時にはたこ焼きの「たいちゃん」がおすすめ。
 
・お土産
お土産物のおすすめは「かまがりハートレモン」や「いっちジュース&しそジュース」「ぽん酢&すし酢&ドレッシング」「みかんかりんとう&各種クッキー」「柑橘ジャム」が特に女性に人気があります。
料理好きの方に贈るお土産ならば「姫ひじき塩」「姫ひじき&ところてん」「じゃこてん」なども喜ばれますよ。瀬戸内海のじゃこてんは特産品のひとつです。

瀬戸内海の海産物は冬が旬です。
もしこれからツーリングを計画するようなら、しっかり冬装備を整えてお出かけくださいね。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

honda-385058_640motorbike-229232_640






今月5日、バイク業界に衝撃ニュースが入りました。
『ホンダとヤマハが二輪車で両社提携』というニュース!!

二輪車業界ではライバル関係の両者が、まさか手を組むとは思っていませんでした。

そこで、今回はこのニュースについてまとめてました。

■提携の経緯
都内のホテルでの共同会見によると、現代の二輪車市場の縮小が背景にあるとのことです。近距離向け移動手段の多様化による市場の縮小、排出ガス規制の強化、保安基準音強化など、今後のことを見据えての提携とのことでした。

■提携内容
提携内容の一つは『ヤマハのホンダからのOEM』です。排気量50cc以下の原付バイクをホンダからのOEMに切り替えるとのこと。さらに、今後は需要が見込まれる電動バイクの共同開発も視野に入れており、負担を分散する見通しです。

ヤマハの事業本部長のコメントになりますが、
「個社で、規制に対応するのは非常に難しい。このまま事業を継続させるために提携を選択した」
と言っておられました。この提携が今後どのような効果をもたらすのか、気になりますね。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。 

九州地方は島嶼部が多く所属しています。喜界島もそのひとつ。
独特の風習を色濃く残す風情溢れる土地です。
地勢的に琉球に近い文化も見られるなど、本州に慣れ親しんだ方にとっては特に目新しい発見が期待できるはず。
ぜひ島ツーリングの新たな目的地に加えてみてください。
Ferry_Kikai







■喜界島基本データ
鹿児島県大島郡喜界町
・交通
喜界空港:
日本エアコミューター (JAC)
鹿児島空港から1日2便発着。奄美空港からは1日3便発着。
喜界港(湾港):
奄美海運
鹿児島港(本港北埠頭)から喜界島を経由し、奄美群島を巡る定期航路があります。愛車を伴っていらっしゃる場合にはカーフェリーをご利用ください。
・食
九州以南では特にヤギ料理を名物とする地域が多いですが、琉球に近付くほどその傾向が強く確認できます。喜界島もヤギ料理は名物です。
ヤギ汁、モツ、カラジュウリ(唐料理)、イッチャーシー(すき焼き風炒め物)、刺身など。そのほかサツマイモの料理や魚介系の料理なども名物。
黒砂糖を使用した甘味にも定評があります。
・見どころ
伝統的な古民家には珊瑚石を使用しており、南国風の情緒を楽しめます。
百之台国定公園、城久遺跡群 、ウフヤグチ鍾乳洞 、ガジュマル巨木、荒木海岸国定公園、喜界町歴史民俗資料室など。
テーバルバンタ、七島鼻(喜界島最高所)は特に定評あるスポット。
夫婦ガジュマルなどはプロポーズにもおすすめ!
・お土産
白ゴマ、花良治みかん、喜界島みかん、タンカンやソラマメ、パパイヤなどの農作物が名産品として知られているほか、サトウキビから作った黒砂糖。奄美黒糖焼酎などが有名です。

じっくり腰を落ち着けて喜界島を楽しむならば、ウィークリールームを利用して地元スーパーや居酒屋などを巡り、また、喜界島の歴史を物語る遺跡や資料室などをひとつひとつ訪れてみるといいでしょう。
近代日本が変化する中で残した傷跡も残っています。
ツーリングの旅に深みを加えるエッセンスとしては十分。ぜひ味わってみていただきたいと思います。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。  

このページのトップヘ