OZP86_kahunsyounokisetudesune_TP_V





13日には東京都でもスギ花粉が飛び始めたという発表がありました。
春が近づくとともに花粉シーズンの到来です。
症状が出てしまうと目が痒くなったりくしゃみが止まらくなったりなんてことが多々あります。
普段の生活でも辛いのに、バイクに乗っている時にこんな症状が出てしまうと命の危険にもなります。
まだまだ寒いですし、中には冬から花粉のシーズンが終わるまではバイクはお休みしているライダーもいますが、どうしても乗らないといけない人もいます。
そんなこの時期のライダーのための花粉症対策を紹介します。

■マスク&ゴーグル
ヘルメットとしてフルフェイスのヘルメットを選んでいる人もいます。
顔をすっぽり覆うヘルメットなので花粉をガードできそうなものですが、花粉はとても小さいのでなんのフィルターもついていないフルフェイスヘルメットでは意味がありません。
マスクと言ってもドラッグストアに売っているようなマスクではなくレスプロマスクのようなフィルター付きのマスクです。
2つでしっかりガードしつつ、ジェットヘルメットの着用がベストと言えます。

■病院での治療
最近はいろいろな薬も売られていますが、ライダーにとって眠気はNG。
薬の選択肢も少なくなります。
耳鼻咽喉科などで事情を話しつつ薬を処方してもらうと安心です。
最近では舌下免疫療法も保険診療になり受けやすくなりました。

■花粉症対策グッズ
最近ではスプレータイプの花粉症対策グッズもあります。
これだけというのはちょっとリスクが大きいですが、組み合わせることで効果を発揮します。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。