電動バイクの勢いが止まりません。
和歌山県のFINE TRADING JAPANというベンチャー企業が先月末、電動バイクと自転車を組み合わせた「glafitバイク GFR-01」というバイクを発表。
クラウドファンディングサイトのMakuakeで予約を受け付けたところ、開始から3日で準備していた405台を売り切って4000万円を越える金額を集めたそうです。
3日間で4000万円を突破したのはMakuake史上最速とのこと。

それを受けて本日追加受注を決定。
この記事を書いている段階で5456万円の金額が集まっています。
ちなみに追加分も売り切ると国内のクラウドファンディングの記録になるとか。

このバイクは「電動自転車ってそのまま進化させたらバイクにならない?」という疑問をまるで実現化させたようなもの。
電動バイクとして走ることもペダルをこいで自転車として走ることも電動自転車としてアシストされながら走ることもできるそうです。
とは言え蓋を開けてみれば扱い上は原付扱いになります。
つまり、ヘルメット・原付免許・自賠責保険などは必須で、歩道は走れません。
重さも18kgと3年前に紹介した電動バイクよりも少し重いかなという感じです。



とは言えそういった不便さを吹き飛ばしそうなのはやっぱりデザイン。
これまでのコンパクトな電動バイクは良くも悪くも電動バイクっぽさがありましたが、glafitバイク自転車側に振り切っていますので、乗った姿も折りたたんだ姿も自転車感があり、硬派なバイク乗りには不評かもしれませんが、これなら輪行もできそうですし、1台持っておくと便利そうです。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。