半年ほど前にモンキー生産終了についての記事を書きました。

その時は"9月まで半年弱ありますが、これ以上増えないことを祈るばかりです。"と書きましたが、やはりその影響は大きく20車種以上が生産終了してしまいました。
一部は排ガス規制に対応して後継モデルが出たり適合版を出したりするなんて噂もあります。
半年なんてあっという間って感じですが、来年も変更される規則が存在しています。
それがABSです。

こちらは3年ほど前にバイクに『ABSはあった方が良い?』かどうかについて書きました。
当時は"バイクにABSはあった方が良い"と結論付けていますが、実際はそれから半年も経たずにABSの義務化が発表されました。
それが適用されるのが新型車の場合は2018年10月1日で継続生産車は2021年10月1日
126cc以上のバイクにはABS、125cc以下の原付二種にはABSまたはCBSを搭載が義務化されます。
ちなみにCBSを簡単に説明すると、コンバインド・ブレーキ・システムの略で、前後どちらかのブレーキをかけた時にもう一方のブレーキも連動して適切に動くというもので、ブレーキの性能に関わる機能です。

あっという間に半年が経過して、ここから1年もあっという間に経過しそうですし、現時点で発表されていない排ガス規制適合のモデルは発表の時点でABSが前提になっているかもしれません。
当ブログではABSの搭載をお勧めしていますので大きな声では言えませんが、ABS無しで安く新車をという考えがある方は後1年のうちに購入する必要があります。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。