バイクパッションの日本全国紀行

カテゴリ: バイク世界一

2ヶ月ほど前の記事でスーパーカブについて取り上げました。
今年のうちに累計で1億台を突破しそうと書きましたが、今月ついに1億台を突破したそうです。

同じ記事では「1億台を突破したら大きなイベントか何かが行われるかもしれませんね」と示させていただきましたが、10月19日に熊本県にある熊本製作所で「スーパーカブ 世界生産累計1億台達成 記念式典」を開催。ホンダの代表取締役社長である八郷隆弘氏、熊本県知事である蒲島郁夫氏らが出席したそうです。

その式典で11月10日に発売されるスーパーカブの新型の生産拠点はこれまでの中国から日本の熊本製作所に移管されることが発表されました。
そのあたりは円安に推移する為替中国で人件費高騰が続くといった状況が関係あるようですが、スーパーカブの売りの1つはやはりコスパですので、そうやって価格を抑えようとしているのは嬉しいですね。

新型ということで大きな変更点はデザインエンジン
2012年のモデルチェンジで四角くなったランプが初代や2代目を彷彿させる丸型に戻りました。
記念年のモデルということで原点回帰を目指したようです。

そしてエンジンのポイントになったのはやはり排ガス規制
単純に排ガスを減らすのであれば排気量を落とせばいいわけですが、元々排気量が小さいバイクだとかなり難しくなります。
結論として燃費は2~4%ほど悪くなったそうですが、機能を効率化してメンテナンスの手間を軽減することで乗りやすいバイクとしてのコンセプトを継続しています。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

原付バイクの代表的な存在と言えばスーパーカブでしょう。
それがどういったものかは2013年8月15日の記事で書かせてもらいました。
偶然にもほぼ4年前ですね。

その記事では1958年に発売されてから2008年までの50年間で全世界で6,000万台以上を売り上げたと表記させていただきましたが、そのスーパーカブが2018年で60周年を迎えるわけですが、その前年である今年のうちに累計で1億台を突破しそうということで、その記念すべき記録を祝う動きが始まっています。

Love Cub Snap
スーパーカブと一緒に写っているスナップ写真をアップロードすることでアップロードした写真が他の人の写真の前輪と後輪と繋がり数珠繋ぎのようになっていくというフォトギャラリー。
アップされて世界中の人たちと繋がった写真はダウンロードすることができます。

女々々々しくてチャレンジ
紅白歌合戦にも出場したミュージシャンゴールデンボンバー
2015年度からHONDAの国内原付二輪のイメージキャラクターになっています。
そんなゴールデンボンバーの代表曲は「女々しくて」です。
特設サイトに設置されたボタンをオスことで「女々しくて」"
"がひたすら増えていくというだけの企画で、押すごとに"々(め)"またはランダムで「女々しくて辛いよ~」と音が鳴るという仕組みになっています。
目標値は1億で「ボタンを1億回押して、1億の凄さを体感する」というコンセプトだそうです。

1億台を突破したら大きなイベントか何かが行われるかもしれませんね。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

日本でバイクの乗りにくさを実感しているライダーは多いかもしれません。
ベトナムあたりの写真で原付天国になっている光景を見たことがある人も多いでしょう。

f62a9ffedaa6f6e1ee6a3cf2018dd1d3_s






これがいいかは置いといて「もっと日本でバイクが流行れば・・・」なんて考えたことがあるのでは?
バイクの普及率で検索したらいくつかのデータが出てきました。

バイクの保有率
各世帯が1台でもバイクを持っているかどうかのアンケートです。
日本は21%
5世帯のうち1世帯くらいの割合です。
原付大国なイメージの国は非常に割合が高く、アメリカは14%と意外と低いのが面白いです。

人口100人あたりの二輪車保有台数
こちらは人口との比較。
1人で2台以上持っている人も換算されているはずです。
日本は9.5台
10人いれば1台あるかなという感じです。
保有率と同じく原付大国は高くなっていますが、アメリカは2.7台と非常に少なく、なにげに日本は上位にいることがわかります。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報配信中。

皆さんは世界最速のバイクがどのくらい早いか気になりませんか?
そこで、今回は世界最速のバイクをランキング形式でご紹介します。HONDAやYAMAHAなどの国産二輪車も出てきますよ!!

■第5位
ヤマハYZF R1:毎時186マイル(297km / h)

800px-Paris_-_Salon_de_la_moto_2011_-_Yamaha_-_YZF-R1_-_002






開発コンセプトは「ツイスティロード最速」
。スーパースポーツブームの火付け役となったバイクでもあります。

■第4位
ホンダCBR1100XX:ブラックバード 毎時190マイル(310km / h)

800px-Honda_CBR_1100XX_SuperBlackbird2






世界最速(3,530km/h)の航空機であるアメリカ空軍の偵察機「SR-71」からインスパイアされた名前のバイク。

■第3位
MTTタービンスーパーバイクY2K:毎時227マイル(365km / h)

800px-MTT_Streetfighter_Turbine_-_Flickr_-_Supermac1961





アメリカのマリン・タービン・テクノロジーが開発したスーパーバイク。「市販されている世界最速のオートバイ」「世界一高価な市販オートバイ」としても有名です。

■第2位
Suzuki Hayabusa1300 :毎時248マイル(397km / h)

800px-Hayabusa






スーパースポーツを超える究極のマシンの意味を込めて「アルティメットスポーツ」と呼称しています。

■第1位
ダッジ トマホーク:毎時350マイル(560km / h)

Dodge_Tomahawk







デザインからして、他のバイクとは別物です。6000万円以上の高額な価格でも問い合わせが殺到したことで話題になりました。

以上が世界最速のバイクです。
どれもすごいバイクばかりですが、国産車が3つランクインしていたのは、さすがもの造りの国だなと思いました。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報配信中。

_shared_img_thumb_UNI16040516IMG_0017_TP_V






今回ご紹介するのは高額なバイク。市販されているバイクとは比べ物にならないくらい次元が違う価格帯となっています。

①Ecosse Titanium Series FE Ti XX :販売価格30万ドル(約3600万円)
高級車アストンマーティンの精緻なエンジニアリングなどを落とし込んだのが、このバイクです。チタニウム金属製が使用された豪華な外装。さらに購入者にはBRM社製のチタニウム腕時計がプレゼントされるとのこと。

②Yamaha Roadstar BMS Chopper:50万ドル(約6000万円)
日本代表するバイクメーカーのYAMAHAが生んだ高級バイク。金メッキが施されたチョッパーには1.7リッターのYamahaロードスター用に設計されたエンジンを搭載。またスイングアーム・リアサスペンションが25cm下がるように設計されているので、ライダーの乗り降りが非常に楽になっていることも利点と言えます。

③Harley Davidson Cosmic Starship:100万ドル(約1億2000万円)
世界的なバイクメーカーのハーレーダビッドソンが手がけたのが、このCosmic Starshipです。価格は驚きの1億円超え!!
また車体のカラーリングにも注目です。アーティストのジャック・アームストロングが手がけたデザインで、まさに唯一無二と言えるでしょう。

④Ecosse ES1 Superbike:360万ドル(約4億3200万円)
今回ご紹介した中で最も高額のバイクがEcosse ES1 Superbikeです。価格は約4億3200万円と次元が違う!!
McLarenのF1テクノロジーを応用するなど、現存するバイクの中でも最も高性能のバイクと言えるでしょう。さらに大幅な軽量化を目的とした新素材が採用されていることにも注目です。

以上が、世界の高額なバイクでした。中には購入可能のバイクもあるので、気になる方は調べてみてください。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション


バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

このページのトップヘ