バイクパッションの日本全国紀行

カテゴリ: 初めてのバイク

仲間内とのツーリングでなかなか難しいのが意思の疎通
いつも行くメンバーであれば合わせてインカムを導入すればいいんですが、そこまでの関係性を築けていないケースもあります。
また、インカムを持っていてもメーカーが違うと上手く接続できないこともあります。

最近はそういったデメリットを解消するために、LINE通話をインカム替わりにしているライダーもいるそうです。
スマホは大半の人が持っていますし、LINEも多くの人が入れています。
LINEグループを組めばツーリングの計画も立てやすいですしね。
マイク付きのイヤホンが必要になりますが、最近は種類も豊富でイヤホンを利用して会話しながら歩いている人も多いですね。
ヘルメットをつけることを前提にツーリングに邪魔にならないようなデザインを選ぶといいかもしれません。

ネガティブな要素から気になる点をいくつか挙げてみます。
まずは通信量
機種など環境にもよるみたいですが、1分あたり0.3MBくらいだそうです。
1時間で18MBなので個人的にはそこまで圧迫するほどではないかなって感じます。
月末に通信制限で苦労している人はこの限りではないですが。

次は電波ですね。
距離次第で切れたり遅延が発生したりするそうです。
スマホアプリということを考えると繋ぎ直すのにかなり手間がかかる点が最大のリスクと言えるでしょうか。

そして、法律上の問題があります。
2015年6月の道路交通法の改正で自転車のイヤホンへの罰則が明確化され話題になりましたが(守られている感じでもないですが)自転車がNGでバイクがOKというのもおかしな話と言えます。
これはどうやら取り締まる人の解釈がポイントになるようです。

例えば東京だと"高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。"とあります。

「音や声が聞こえないような状態を避ける」という曖昧な解釈ですが、全面的にNGというわけではないようです。
とは言え、会話に集中しすぎたり周囲の音が聞こえなかったりするのは自分のためになりませんので避けましょう。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

以前の記事などを見ると排気量についての考え方の記事を書いていなかったようなので取り上げてみます。
乗りたいバイクがあってそれに向けて免許を取得すればOKなのですが、そこまで1つのバイクにこだわりがない状態で普通二輪免許を取得すれば50cc~400cc以下のバイクに乗ることができます。
  1. 50cc
  2. 51〜125cc
  3. 126〜250cc
  4. 251〜400cc
大まかに上記のような感じで区分けできますが、それぞれメリットデメリットもあります。
一般的には排気量が大きくなればなるほど燃費が悪くなります。
4年ほど前に書きましたが、税金も含めて維持費は排気量が上がるにつれて上がります。
251cc以上になると車検が必要になるのでさらにお金がかかるようになります。
お金のことだけを考えるなら排気量は小さめの方がいいでしょう。

では排気量の大きいバイクのメリットについて考えてみましょう。
排気量の大きいバイクの方が道路上の制限は少ないです。
例えば50ccの場合は道路交通法上時速30km以上公道で出せなかったり大きい交差点では二段階右折をする必要があるなど人によっては煩わしさを感じるはずです。
また、二人乗りは51cc以上高速道路は126cc以上から可能になります。

最後に乗りやすさについて考えてみます。
一般的には排気量が小さい方が安全性も高く乗りやすいと言われていますが、最近のバイクはかなり乗りやすくなっていますし、400ccのCB400SFが教習車になっている教習所も多いので、極端に変わるということはないと思います。

ざっくりまとめてみますが、
  1. 50cc とにかくコスパ
  2. 51〜125cc 近距離でツーリングもしてみたい人
  3. 126〜250cc 費用とバイクらしさのバランス
  4. 251〜400cc 普通二輪免許の中でもっともバイクを楽しむことができる

こんな感じでしょうか。

用途も含めて選ぶといいかもしれないですね。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

719a51ce84ea2d058046863c8c0e4ee2_s






免許を取り、バイクを購入した方ならツーリングに行こうと考えているも多いのではないでしょうか?
そこで、今回はツーリングに必要な基本的な持ち物についてご紹介します。ツーリング初心者さんはぜひ参考にしてくださいね☆

■ツーリングに必要な基本的な持ち物
①地図

まずは目的地までのルートを示した地図は必需品です。紙の地図でもいいですが、荷物を少なくしたい方であれば、前回ご紹介したナビアプリを利用するのがオススメです。地図を広げることなくルート検索できますし、交通情報や施設情報なども簡単に調べることができます。

②携帯電話
これが一番の必需品といえます。事故を起こした時の連絡を取る手段になります。バッテリーの持ちに不安がある方は、予備で携帯バッテリーを持っていくのもいいでしょう。

③雨具
ツーリングで辛いの雨。雨対策として雨具を準備しておきましょう。コンビニなどで売られている雨具でもいいですが、雨だけでなく風も防げる高機能の雨具がオススメです。雨風が防げる機能性、耐久性も高いので一着は持っておくと何かと便利。

④お金
普段カードで購入する方も多いと思いますが、峠の飲食店ではカードが使えないところもあるので、現金を持参するようにしましょう。

⑤コンタクトレンズ
コンタクトレンズをしている方は予備のコンタクトレンズは必須です。隙間風の影響でコンタクトレンズが乾いてしまうので、予備のコンタクトレンズを持っておくと安心です。

以上が、ツーリングに必要な基本的な持ち物です。ご紹介したものであれば、日帰りのツーリングには対応できます。もし宿泊を兼ねるのであれば、他にも着替えや簡易テント・寝袋などもあるといいでしょう。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

Road_in_niigata年末年始は多くのライダーがツーリングに繰り出します。
熟練の猛者が連れ立って遠征するかと思えば、初心者に近い方々が冒険に繰り出すチーム構成もあるでしょう。
猛者がこなれたバイクを連ねる集団ならば多少のトラブルは物ともしません。
しかし、慣れない方々の場合はちょっとしたトラブルでも悪夢の始まりとなります。
そこで、冒険者の皆様におすすめしたいツーリングの備えについておすすめしたいと思います。







■ロードサービス
バイクツーリングでは人里離れた山道も通るものですよね。
そんな場所でマシントラブル、立ち往生なんて言う事態になったらどうしましょうか?
そうです、ロードサービスを呼びましょう!
というわけで、ロードサービスには事前に契約する必要があるのですが、ではどんな会社を選べばいいのか考えてみましょう。
ポイントは4つあります。

1.レッカー無料搬送の距離について
ロードサービスにはレッカーサービスが付き物。
ですが、会社によって無料運搬の距離が異なるので、そこはしっかりチェックして下さい。

2.修理後の対応について
修理してくれた後、バイクを自宅に届けてくれるのか?
送料は?
条件次第で後から再び悪夢が到来するので、注意が必要です。

3.会社の母体
ロードサービス会社は、本社、母体が、保険会社やクレジットカード会社、専門会社に分かれます。
専門会社は母体そのものがロードサービス専門なので、さまざまなサービスがある反面料金は高めに設定されています。
クレジットカード会社や保険会社の、契約の付属品としてのロードサービスならば無料で提供される範囲が広いので、もしこれから保険会社やクレジット会社を選ぶのであればオプションの項目をよく調べてみましょう。

4.有料の範囲
最終的に自分が支払う部分について、どこまでが無料でどこからが有料なのか、契約前に確認してください。費用だけが全てではありませんが、不測の事態には少しでも出費は押さえたいものですよね?

■自分でできることを増やす
不測の事態……マシントラブルに際しては、ちょっとしたトラブルならば自分で解決できるような意識が重要です。
バイクの構造について少しずつでも学ぶことをおすすめします。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページでは
お得な情報を配信します。

長期間旅を続けていると、宿泊施設のない場所で夜を明かさなければならないことがよくあります。
そういった時に活躍するアイテムがテントなのですが、暖かい時期にはそのまま使用できても、冬には冬なりの備えが必要です。
寒い季節ならではのテントの選び方、付け加えるべきグッズについてご紹介しましょう。

800px-Camp_-_West_Virginia_-_ForestWander










■テントの選び方

冬のテントについては保温性と防水が主要な基準となります。
密室状態になるためテントの室内での煮炊きは推奨できませんので、ちょっとした雨風にも耐える前室付きの物を選びましょう。
あとは、定期的に防水スプレーなどで性能を強化することが大切です。
保温については以下のグッズを加算して工夫して下さい。

800px-Nammatjknoydart












■保温グッズ
・段ボール
・シュラフ
・マット
・毛布
・緩衝剤

冬の冷気は地面から染み込んできます。そのため、テントそのものよりもこうした保温グッズが重要になるのです。
地面と体の間にできるだけ空間を作るようにしましょう。
段ボールは内側にビニールを張れば、いざと言う時の貯水槽にもなりますし、敷いてよし、掛けてよしの便利グッズです。
バイクツーリングでは荷物の総合量に制限がありますが、すこし余裕があれば新聞紙も少し持っておくことをおすすめします。
保温が十分でも肌と石油製品の間に汗などの水分が溜まってしまうと熱が奪われていきますので、新聞紙などを挟んで湿気を逃がすようにするといいでしょう。
緩衝剤はいわゆる荷物の梱包材、「ぷちぷち」です。使い捨てのエアマットとして活用できます。

テントの形状も様々ですが、冬だからこれ、という形があるわけではありません。
その点に関してはお好みで選んで下さい。
ただし、総重量が4㎏を超えないこと。これがツーリング用テントの条件と言っていいでしょう。
どんな環境で使うものなのかを考えれば、自然とどのテントがいいのか判断できると思います。
お好みのテントが見つかるといいですね。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

このページのトップヘ