バイクパッションの日本全国紀行

カテゴリ: 初めてのバイク

初めてのバイクにオススメだと言われているのが、250ccバイクです。
そこで、今回は250ccバイクの魅力をご紹介します。

バイクの免許を考えている方、免許とって購入を考えている方は参考にしてください。

■車検がないため、維持費も少なく済む

250ccバイクの魅力は、なんといっても車検がないことです。法律では『軽二輪車(排気量125超~250cc以下)は、道路運送車両法の規定により「検査対象外軽自動車」となっているため、検査を受ける必要はありません。』と記載されています。
250ccバイクに必要な維持費は税金、自賠責保険、バイクのメンテナンス費くらいです。

■趣味と実益を兼ねたバイク
維持費だけでなく、趣味と実益を兼ねたバランスの良いバイクとも言えます。50ccや125ccよりも走行パワーがありますし、高速道路も利用できるので、遠出にもオススメです。
また、400ccのバイクと比べて車体が軽く扱いも楽なので、女性ライダーの初めてのバイクにもピッタリといえます。

■250CCなら、どのバイクがオススメ?
カワサキのNinja250SLヤマハのYZF-R25はどうでしょう?
カワサキのNinja250SLはコンパクトな車体、スタイリッシュなフルフェアリングが特徴です。 軽量・スリム・コンパクトなので、幅広いシーンで活躍できます。
そして、ヤマハのYZF-R25はヤマハ・スポーツバイクの代名詞であるRシリーズのデザインを継承したバイク。「毎日乗れる」と「スーパーバイク」という相反コンセプトを合わせ持つのが魅力です。

以上が、250ccバイクの魅力でした。
街乗り、遠出などの様々なシーンでの活躍が期待できる250ccバイク。初心者からベテランまで、経験を問わずにオススメです。

バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

日常生活にはもちろん、ツーリングに欠かせないのがスマートフォン
様々なアプリが非常に便利です。
今回はツーリングをする際にダウンロードしておくと便利な基本的なアプリをご紹介します。

■LINE
先日の記事で取り上げましたが、使い方によってはインカムのようにも使えます。
メッセージアプリにいろいろありますが、日本での普及率はダントツ。
新しい出会いの際に連絡先をスムーズに交換することもできます。

■ナビアプリ
こちらも1年ほど前の記事で取り上げました。
都度アップデートされるのも魅力で、例えばナビタイムのツーリングサポーターだと50cc超~125ccのバイク・125cc超~250ccのバイク・250cc超以上のバイクと排気量を考慮したルート案内が可能になったそうです。

■GPS系アプリ
ナビアプリもGPSを使っていますがGPSの機能はそれだけではありません。
例えばBRAIN BLACKだとバンク角やスロープ角を測ることができます。

■カメラアプリ
キレイな景色やそこにマッチしたバイクは撮りたくなるもの。一般的なスマホであればカメラが付いていてそれだけで撮影ができますが、画面のエフェクトをかけるとさらにいい写真になることもあります。
Night Camera FREEのようなアプリであれば夜景もキレイに。
また、重要なのがナンバープレートで安易にネットで上げない方が安全ではあります。
AUTOMO CAMERAのようなナンバープレートを自動検出して塗りつぶしてくれるアプリも便利です。

■天気予報アプリ
テレビのデータ放送やネットがあり、知りたい時に天気予報をチェックすることができるようになりましたが、リアルタイムで天気を知りたい場合はやっぱりアプリが便利。
Yahoo!天気情報の雨雲レーダーもホームページだと1時間だけですが、アプリだと6時間見れるなどアプリの方が情報が詳細なことも多いです。
AccuWeatherのアプリなんかは何分後に雨が降るなんて目安まで教えてくれます。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

こちらのブログでも何度か夜景スポットなど夜のツーリングにオススメな場所を紹介してきましたが、キレイな夜景を楽しもうと思うのであれば夜間走行は避けて通れない道です。

バイクの死亡事故のデータが警視庁のホームページに出ていますがその中には時間帯のデータも有り、4時から8時20時から22時の時間帯に死亡事故が多発する傾向にあるそうです。
通勤時間という影響も多いはずですが、人自体は減るであろう0時以降も多いのは見逃せないデータです。

これまで取り上げていなかったですし、改めて夜間走行の基本的な情報の確認をしてみます。
特に初心者の方は気をつけてみてください。

■ハイビームの使い方
最近自動車の場合でも議論になっていたようですが、原則の話をしますとバイクでも夜間走行時の基本はハイビームで車両などとすれ違う時にはロービームにするよう道交法で定められています。
市街地がメインだとなかなか現実的ではない時がありますが、そういった原則が有るということは知っておきましょう。

■服装にも注意
自分が周りを見えていてもあなたが周りから見えにくいなんてこともあります。
有るデータでは蛍光イエローが一番見えやすい色で黄色系のヘルメットであれば危険性も減少します。
また、最近は反射ジャケットもファッション性が向上していますので、そういったものを買うのも手ですし、ちょっとしたパーツにつける反射材なんかもあります。

■過信しない
スピードを出すロードバイクもいますし「こうだったから大丈夫」一番危険
普段より余裕を持って走り、普段より注意して走りましょう。
徐々に夜が長くなっていきますし、今一度自分のコンディションなどもチェックして夜間走行を楽しんでみてもいいかもしれませんね。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

バイクを乗るために必要なのが免許です。
いまさら言うまでもないですが、実技講習・試験以外に学科試験に合格する必要がありますね。
学科試験は苦手な人は苦手なので、何度も落ちた苦い記憶がある人もいるのでは?

この学科試験がメインになってくるのが原付免許
実技講習はあるものの、実技試験はないので学科試験に合格=免許取得になるので、相対的に学科試験への比重が高くなります。

実際、Hondaの二輪免許の解説ページグッドライセンスでも原付のみ模擬試験のコンテンツがありますし、日本二輪車普及安全協会のサイトゲンチャレ!でも専用のページと模擬試験のコンテンツがあります。

もちろん、問題の形式は同じなので内容自体は大きく違うというわけではないのですが、Hondaは時間制限ありランダムに出題。基準になる90点以上の取得が不可能になった時点でストップされます。
いっぽうゲンチャレ!は決まった4種の問題集から選択してテストを受ける形式になっています。

改めて問題を解いてみると、一部の問題の文章の回りくどさにちょっと懐かしさを感じたり記憶が曖昧になったりしているものもあったりなかなか興味深かったです。
原付の学科試験なので原付の乗り方もあり、普通二輪免許などを先に取得して原付だけの試験を受けていない人にとっては馴染みのない問題も出てきます。

思ったより解けないという人も多いかもしれないですね。
時間のある時にでもやってみると新たな発見があるかも。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

仲間内とのツーリングでなかなか難しいのが意思の疎通
いつも行くメンバーであれば合わせてインカムを導入すればいいんですが、そこまでの関係性を築けていないケースもあります。
また、インカムを持っていてもメーカーが違うと上手く接続できないこともあります。

最近はそういったデメリットを解消するために、LINE通話をインカム替わりにしているライダーもいるそうです。
スマホは大半の人が持っていますし、LINEも多くの人が入れています。
LINEグループを組めばツーリングの計画も立てやすいですしね。
マイク付きのイヤホンが必要になりますが、最近は種類も豊富でイヤホンを利用して会話しながら歩いている人も多いですね。
ヘルメットをつけることを前提にツーリングに邪魔にならないようなデザインを選ぶといいかもしれません。

ネガティブな要素から気になる点をいくつか挙げてみます。
まずは通信量
機種など環境にもよるみたいですが、1分あたり0.3MBくらいだそうです。
1時間で18MBなので個人的にはそこまで圧迫するほどではないかなって感じます。
月末に通信制限で苦労している人はこの限りではないですが。

次は電波ですね。
距離次第で切れたり遅延が発生したりするそうです。
スマホアプリということを考えると繋ぎ直すのにかなり手間がかかる点が最大のリスクと言えるでしょうか。

そして、法律上の問題があります。
2015年6月の道路交通法の改正で自転車のイヤホンへの罰則が明確化され話題になりましたが(守られている感じでもないですが)自転車がNGでバイクがOKというのもおかしな話と言えます。
これはどうやら取り締まる人の解釈がポイントになるようです。

例えば東京だと"高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。"とあります。

「音や声が聞こえないような状態を避ける」という曖昧な解釈ですが、全面的にNGというわけではないようです。
とは言え、会話に集中しすぎたり周囲の音が聞こえなかったりするのは自分のためになりませんので避けましょう。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション

バイクパッション公式Facebookページでは全国のグルメ情報を配信中です。

バイクパッション公式LINEページではお得な情報を配信します。

このページのトップヘ