【生放送】「金銭解雇」はブラック企業経営者を困らせ、労働者を救うのか?



明日2月9日(火)の21時から、ニコニコ生放送に出ます!
「金銭解雇」の是非を弁護士、ブラック企業アナリスト、社労士の私の3人で
トークバトルします。

「金銭解雇」はブラック企業経営者を困らせ、労働者を救うのか?
https://news.careerconnection.jp/?p=20707

金銭解雇というと


不当解雇が増えるんじゃないか?断固反対


と労働者側は言います。

うーん。どうなんだろうか。

雇用の流動化が進まない理由の1つは社員を解雇できないから
雇うことに消極的になっているということもあると思います。

私はブラック企業の経営者と接したことはないので、不当解雇を
見たことがありません。

どちらかというと社員側に問題があって辞めてもらいたいけれど
辞めさせることができずに悩んでいるという経営者ばかりでした。

だから私の考えは一方的かもしれないけれど、明日は私の意見を
言おうと思います。

不当解雇より不当に金をせしめようとする労働者もいることを
お忘れなく!

だいたい揉めた時は金銭を要求してきます。
だったら最初から金で解決したほうが早いと思います。

アドリブに弱い私は大丈夫かなと密かに不安ではあります・・・

肋間神経痛な私・・・


『できない社員をなんとかして下さい。』

『社員が受身なので困ります。』


『問題社員が慰謝料を請求してきました。どうしたらいいでしょうか?』



経営者からこのような悩みを相談されて、取り組んでいますが、
答えがないことばかりで私自身も悩みながら考えて仕事しています。


能力の高い人材を引き上げるのは誰でもできます。


できない人をどうするか?


ということに向き合い、できない人をできるようにすることが大事だと思います。


去年から大阪府と東京都の事業に参画させていただき、
担当企業を割り振られましたが、正直言って厳しい企業は数社ありました。


行くのが嫌になるくらい難しい状況もありました。

それでも成果は出さなければならないので逃げることはできません。



単発研修は1回やって終わりですから嫌な受講生がいても、
その時だけ我慢すればいいわけですが、年間となるとそうはいきません。



やっていることが地味で自分でも上手くいってるんだかいってないんだか
わからないモヤモヤしながら取り組んでいます。


他ではもっと効率的に規模を拡大している人がいるのに
俺はストレスまみれで苦労しながらやっているのに理想と予定とは
大きくかけ離れて全然進んでいない。
いつまでこんなに苦しい状態が続くんだろう


と思います。

でも楽してできるようなことは落ちるのも早いと思うし、
キツい状況で人は磨かれると思うので諦めずにやるしかありません。


こういう状態が続いているので成長はしたとは思いますが
もう少しストレスのない生活をしたいものです。

そんな私は最近心臓周りが痛いのですが、どうやら
肋間神経痛のようです・・・

私の仕事は示談屋である!

最近社労士的な業務で自分のやっている事を振り返ると


労働基準監督官との折衝
労働組合との団体交渉
問題社員の面談立会い
経営者からの労務相談


でした。

おそらく普通の社労士だったらやりたくないところだと思います。
事務作業は上記に付随するもののみです。


人と話すことばかりでトラブル内容しかないので、
社労士というか示談屋みたいな感じです。



私は実は法律の知識は業界レベルで計ると並か平均より劣ると思います。

一時期は法律書をけっこう読みましたが、上記の業務では実際には
ほとんど使わないことに気づいたからです。


今は心理学とか古典を読むことが多いです。



私は弁護士と違って裁判外の紛争だから判例もそれほど知らずとも
あまり問題にはならなかったです。


法律の一部だけ押さえてあとは個別対応になるのであまり参考にならないからです。

法律も大事ですがそれよりも人間を知ることと相手の懐に入ることの方が
大事な気がします。

オススメサイト

Hunt&Company 社会保険労務士事務所

デストロイ・ジャパン株式会社

記事検索
野崎大輔 プロフィール


デストロイ・ジャパン株式会社 専務取締役

Hunt&Company社会保険労務士事務所 代表

「教えない教育」を掲げ、自律型社員の育成と社員がやりがいを持って働く組織づくりに従事している。
大学卒業後は無職となり、独学で社労士を取得する。その後勤続1年以内の離職を繰り返すというダメ社会人を経てIT系企業の人事部にて実務経験を経て独立する。

労使トラブルの紛争解決予防の中でも特に問題社員対応を専門として200件以上の 案件に携わり、問題解決に従事する。労使トラブルに関する連載コラムを毎週1本のペースで5年間継続し、出版、メディア取材多数の実績を持つ。

野崎大輔 公式サイト
書籍紹介

できコツ

黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術

関連リンク
Facebook

ツイッター

J-CAST会社ウォッチ 若者たちの逆襲 「今どき社員」の奮闘日記

J-CAST会社ウォッチ ヨソでは言えない社内トラブル

J-CAST会社ウォッチ「できるヤツ」と思わせる20のコツ

日本初!
社労士が主人公のマンガ

http://www.lec-LEC社会保険労務士マンガ連載「無職の凡人 黒い社労士になる」

QRコード
QRコード
  • RSS
  • Jブロ J-CAST BLOG