こんにちは、運用チーム近藤です。

今回、お話させていただくのはサーバ室内の温度管理(エアフロー)についてです。

我々データセンターを運用していく上で、いかに効率良く温度環境を維持するため、エアフローをマネジメントしていくことが重要となります。

ラックに収容されているIT機器の排熱により、温度環境が「規定範囲※」を超えてしまい、IT機器の稼働が不安定に陥り、最悪システムダウンを引き起こす可能性があります。

ヒャー想像するだけでおそろしー!!


※米国暖房冷凍空調学会(ASHRAE)の規格に準じています。
(推奨値18〜27℃、許容値10〜35℃)

ミライネットとして、どう対処していくか。











それは、次回お話したいと思います〜。

気になる人は是非ブログをチェックし続けてくださいw

それでは、またお会いしましょう〜。
Clip to Evernote