おもしろ、ねじミュージアム

今年度も受験生のための 「ゆるみ止めねじ(集中力持続のシンボル)」プレゼントキャンペーンを始めます!

車、家電製品、パソコン、スマホ、医療機器などに、ねじはなくてはならぬ大切なもの。
緩んだり外れたりすれば、生死にもかかわってきます。
ねじの大切さ、ねじの魅力を多くの方に知っていただくための「ねじミュージアム」です。

ふだん、あまり意識されることのないねじですが、「産業の塩」として、
ねじがあらゆfastener_60anniversary_01_160720る分野を支えているのはいうまでもありません。

東証一部上場、業界リーディングカンパニーとして世界中、
自動車、家電、通信、住宅、医療機器メーカーなどに
精密ねじ、極小ねじを供給している日東精工株式会社。
会社創業は78年になるのですが、
ファスナー(工業用ねじ)事業を開始し始めたのは
昭和31年8月10日。
そう、もうすぐ60周年です!


1本1本は目立たぬ小さなねじですが、
これまでつくられてきたねじを仮につなげて見ると……
986万6492㎞にもなるのです。
地球246周分の距離、スゴイって思っていただけるでしょうか?

当社ではこれからも常に「お客様満足度120%」を目指してまいります!

鮎の塩焼きアップ







漫画「美味しんぼ」に登場する
海原雄山のモデルといったほうが、
若い世代にはなじみいいのかもしれませんね。
画家であり篆刻家であり書家であり、陶芸家、
そして美食家だった北大路魯山人。
その魯山人が、鮎のなかでも「もっともおいしい」と称賛したのが、
由良川の鮎です。
ayu
7月1日、今週金曜日、鮎友釣りついで
鮎網漁がいよいよ解禁となります。
鮎のシーズン、本格到来!


ねじのリーディングカンパニー、日東精工の本社がある
綾部市内を流れる由良川は、天然鮎が遡上する
百名川のひとつに数えられているのです
(由良川は鮎だけでなく、「サケの遡上する南限の大河」)。


鮎の塩焼き3
京都から特急列車でわずか1時間、素敵な風景、
鮎をはじめ、おいしいものに出合えます。

ぜひ「綾部」にお越しください!




由良川 鮎網漁解禁

日時:71()6:00

場所:由良川

問い合わせ:由良川漁業協同組合

備考:占用区は除く


~~~~~~~~~~~~ 

※写真協力 綾部市観光協会

 

米ひとつ粒に比べて、なんとも小さな「極小ねじ」。
NHKの「シャキーン」に登場します!

NHK Eテレの「シャキーン」は
毎朝7時からオンエアされている子供向け教育情報番組ですが、
68()9()
「ネジクイズ」「ハッセイ声クササイズ」コーナーに企画協力、
日東精工の「極小ねじ」「各種駆動のねじ」を提供いたしました。


「極小ねじ」といっても一般の方にはイメージしにくいでしょう?
↓の写真をご参照ください。

たくさんとお米2


呼径06ミリのねじは10個合せても米粒一粒の大きさになりません。
こんな小さなねじが、たとえばスマーフォンとかデジカメなどに使われ、
皆さんの暮らしの快適さや安全をサポートしているのです。
ねじの大切さが小さなお子さん、
これからの世代に伝えられていくことをとても嬉しく思っています!



6月1日の『ねじの日』に合わせて販促したこともあり
京都の大垣書店などの週間売り上げにランクイン
こちらの本もまだまだ話題提供中です。
人生の「ねじ」を巻く77の教え(一般書) [単行本]




人生の「ねじ」を巻く77の教え(一般書)


来る61日はねじの日です。

これは194961日にねじがJIS規格に制定されたことによるものです。
でも、ねじの歴史をひもとくと、
実際はJIS規格の50年、60年のレベルどころではありません。
日本に入ってきたのは戦国時代、
種子島の火縄銃に使われていたものが最初ですし、
そもそものねじの起源はギリシア、アリストテレスのころと言われます。
つまり、ねじは2000年以上も歴史をもつのです。
製品としては「成熟品」「完成品」というわけですが、
それでも、じつはいまでも進化・発展し続けているのです。

ネジ首下
そのひとつが「首下の不完全ねじ部の影響をなくしたねじ」。
つば部の形に工夫をこらし、座金をつけなくても
「ねじ空転」のリスクが低減、薄板締結の課題を一気に解決させ
トータルコスト削減にも貢献するものです。
工業用ファスナー(精密ねじ)のリーディングカンパニー・
日東精工で、従来の発想とはまったく違う視点で開発されたねじです。
じつはまだ発売前のものですが、技術を開示することで、
より多くの声を集約し、より完成度の高いものを目指そうとしています。


「ねじ」って奥が深いのです!



人生の「ねじ」を巻く77の教え(一般書)
















地盤調査機「ジオカルテ」、
シェア日本ナンバー1から、世界
そして宇宙へ

2016217日、H2Aロケット30号機による
エックス線天文衛星「ひとみ」の打ち上げが成功! 
これで24回連続、成功率96.7 %という明るいニュースが
テレビほかで賑わっていますね。
当社、日東精工も「宇宙開発」に関与していきます!

JAXA(宇宙航空開発機構)のホームページでは、
今年(2016年)度に着手すべき技術課題(研究テーマ)を発表しています。
SDSによる月面地盤調査の確立」という
JAXAと東京都市大学の末政直晃教授の共同研究を、
今後、当社日東精工がサポートしていく予定です。
T-GEO-3-SDS

日東精工では精密ねじやねじ締めロボットの製造のほかにも、
制御システム事業部では地盤調査機
「ジオカルテ」を製造・販売しています。
地盤調査機といっても一般には耳慣れないかもしれませんが、
建築には絶対に必要なもので、一戸建て用の小型クラスのものでは、
当社の「ジオカルテ」が80%以上、圧倒的なシェアを誇っているのです。
待ち運びが便利な組み立て式で、現場で容易に移動できる自走式の「地盤調査機」。
今すぐにというわけではありませんが、
近未来、制御システム事業部の地盤調査機「ジオカルテ」が
月面探査に使われ、宇宙開発の地盤固めに貢献するかもしれません‼?

↑このページのトップヘ