坂道のアポロン

「坂道のアポロン」ボーナストラックにも……!!

小玉ユキさんの漫画「坂道のアポロン」。
かつて「このマンガがすごい」で1位に輝いたり、
小学館漫画大賞を受賞したり…
フジテレビの「ノイタミナ」枠でアニメ化されたり…
なかなかの秀作で……

この作品から60年代、70年代の「佐世保」の街を
感じることができる(気がする)と、
当ブログでもご紹介してきました。
(原作では舞台が佐世保とはひとことも触れられていないのですが
アニメの公式ホームページでは、街のモデルが佐世保とうたわれています)。
坂道のアポロン BONUS TRACK サントラCD付 特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
坂道のアポロン BONUS TRACK サントラCD付 特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

漫画の連載もアニメも終了していますが、
11月に「坂道のアポロン」ボーナストラックが発売されています。

それぞれが読みきりの短編で
ヒロインの父親やもう一組のカップルがメインになった、
ちょっとセンチメンタルないいお話、
いわゆるスピンオフ作品がいくつかと…

それから…
本編最終編の続き、完結編も収められていて
ボーナスと名がつくとおり、とってもお得な感じですね。

☆坂道のアポロンと佐世保の関係については
佐世保北高出身の作者の、おそらく大先輩とおぼしき方が
なんと32回にわたってブログで「勝手に解釈」を展開しています。、
(作者公認ではないのでおおっぴらにおすすめはしませんが)
おもしろいですよ!
http://ameblo.jp/amebatoys/theme-10053170283.html

「坂道のアポロン」の世界に出合えます!

あぽろn
かけこみ「夏・夏休み情報」とっておき3

「坂道のアポロン」複製原画展

小玉ユキさんの人気漫画で、4月からTVアニメとしてオンエアされたのが
「坂道のアポロン」です。

舞台のモデルとなったのはJAZZの街、
佐世保であると紹介してきました。



その「坂道のアポロン」の複製原画展が、
西海パールシーリゾート九十九島水族館「海きらら」と
九十九島遊覧船「パールクィーン」船内で9月2日まで開催中です。


西海パールシーリゾートがある「鹿子前」の昔の風景によく似た風景も、
漫画で描かれているようですね。

「海きらら」では水族館の人気者、イルカのプールの真ん前のスペースで展示中です。

http://www.pearlsea.jp/event_new/index.cgi?word=%83A%83%7C%83%8D%83%93&cond=and&mode=search


 


 

ルルド 佐世保 坂道のアポロン

ルルド 三浦町教会 
そして、
アニメ 坂道のアポロン 



5月はカトリック教会では「聖母の月」といい
とくに聖母マリアへの想いを大切にする月です。

南フランスにあるルルドという街の名前を
お聞きになったことがあるでしょうか。

今から約150年前にベルナデッタという少女の前に
聖母マリアが出現。そのお告げの通りに土を掘り起こしてみると、
水が湧き出て泉となり、その湧き水で目を洗ったら
失明していた人の目が見えるようになった、
あるいは重篤な病の人が歩けるまで回復したなどと…、
現代科学では解明できないことが数多く起こり、
カトリックの聖地として、
今でも世界中から多くの人が訪れる巡礼地です。



日本のカトリック教会には、
そのルルドの泉を模したものが造られているところがいくつもあります。
佐世保ではゴシックの尖塔がランドマークにもなっている
佐世保駅前の三浦町教会、
この教会脇にもルルドが置かれていますよ。



現在フジテレビ ノイタミナで
オンエア中の人気アニメ「坂道のアポロン」。
重要人物の千太郎と律子、ふたりはカトリック信徒です。
教会で祈りをささげるシーン、
そして教会のルルドの前で待ち合わせをするシーンがあるのですが、このTVアニメのシーン、
佐世保の三浦町教会だ、
と佐世保にいる人はきっとそう思ってしまうぐらい
雰囲気がよく似ています。

フジテレビ オンデマンド
5月10日まで2話分を無料で視聴できるようになっています
第2回の真ん中ぐらいに教会のシーンあり。
ご興味ある方はごらんください。

「坂道のアポロン」のコミック原作では
九州のとある街という設定になっていて、
「佐世保」と特定されているものではありません。
ただし、TVアニメで登場する教会や商店街、造船所、
海などの今と昔の風景
そして、なによりJAZZが似合う街の雰囲気は
佐世保で感じていただけると思いますね。

==============================

※教会は観光施設ではありませんので、
物見遊山でにぎやかにドヤドヤと訪れるのは遠慮したいものですが、このルルドや聖堂(礼拝堂・お御堂)は自由に見学ができます。
奇跡が起こらなくとも 少なくとも、
心洗われる静かな時間が持てることでしょう。


※奇跡を信じるか信じないか、あるいはそれをどう解釈するかは個人の自由であり、たとえばルルドに巡礼に出かけた人全員に必ず目に見えるような形で奇跡が起こっているわけではありません。

このブログでも特定の宗教を推奨するものではありません。


 


 


 


 

人気アニメにも登場する佐世保弁。「やあらしか」ってどういう意味?


アニメ「坂道のアポロン」と佐世保弁


現在オンエア中のアニメ「坂道のアポロン」。
アニメの公式ホームページでは作品のモデルとなったのが、佐世保であると紹介されています。
「律ちゃんの方言講座」が始まっているとお知らせしましたね。

「うらめしか」ってどういう意味だかわかりますか?

「うらめしや~」って幽霊が出てくるわけではありませんよ。

上記↑方言講座でご確認くださいませ。

方言

そして、さらにちょっとディープな佐世保弁番付がこれ↓


東の横綱「やあらしか」ってなんのことだかわかりますか?

こちらも助平、エッチの「いやらしい」ではありませんよ

答えは「忘れかけているさせぼ弁辞典」で見つけてくださいね。

http://www.lifesasebo.com/lifesaseb/saseboben/saseboben.html


ちなみに形容詞の「い」を「か」に変換させると、佐世保弁らしくなります。

うれしか、美しか、おかしか、かなしか、おもしろか~ 

 

 

 

坂道のアポロン ジャズと佐世保

佐世保、坂道のアポロン、
そして、毎日女子ジャズ

長崎県佐世保市は米海軍基地が置かれていることもあり、

和洋折衷といいますか、
基地の町らしいエキゾチックな魅力がいっぱいであります。

そのひとつがJAZZ。
佐世保では毎年大きなJAZZフェスが開かれるほか

市内にはJAZZバー、ライブハウスがたくさんあって、
なかなかいい雰囲気を醸し出しているのです。


そのJAZZの町 佐世保を舞台のモデルにしたといわれる

アニメ「坂道のアポロン」がフジテレビ系でオンエアされています

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/noitamina-apollon/index.html
(木曜深夜24:45~。地域によって放映日、放映時間は異なる)。


このアニメの縦糸は高校から大学、
そして社会人へと移りいく過程での青春恋愛像ですが、
横糸としてのJAZZも決して外すことができません。
JAZZを通して若者は成長していくのです。


マンガの原作ではさすがにリアルな「音」は流れないけれど、
TVアニメだと音楽も一緒に楽しめる魅力がありますね。

無題
また、タワーレコードでは「坂道のアポロン」とコラボ、
上のポスターのように
「毎日、女子ジャズ」キャンペーンを開催中なので、
JAZZを流しながら原作を読むというのもアリ!


そして…究極は、舞台のモデルになった佐世保へ出かけてぜひ追体験を。

タイトルにもなっている「坂道」やアニメのシーンに登場する商店街、海岸、教会、造船所を眺めるもよし、
もちろん、JAZZバーへ出かけるもよし、です。


※佐世保のJAZZバーはフレンドリーで一見客でもすぐに馴染めますが、初めての方が安心して入れるようなナイトツアーもあります。

  全国的にも有名な佐世保バーガーをはじめ、

ステーキをごはんに合うよう日本人好みにアレンジしたレモンステーキ、

甘いマヨネーズが特徴的なサンドウイッチなど、

アメリカンフードのジャパニーズ風も「佐世保ならでは」ですよ。


 


関連リンク
観光情報

佐世保バーガー

夜遊び

おんがくの街

交通機関情報

松浦さやか
記事検索
ブログの紹介

長崎・佐世保
ちょっとお得な話

佐世保市観光コンベンションセンター

佐世保観光コンベンション協会に寄せられた情報をもとにイベント、グルメ、街ネタ、そしてハウステンボスや西海パールシーリゾートなどの施設、名所・旧跡のとっておきを、楽しくわかりやすく、ときには脱線をしながら紹介していきます。

首都圏から発信する長崎・佐世保情報もあります!!佐世保観光コンベンション協会のホームページは http://www.sasebo99.com/index.shtml

QRコード
QRコード
  • RSS
  • Jブロ J-CAST BLOG