当社企画「驚きの地方創生」シリーズが好評です。
なかでも3月末に新発売の「日本遺産・させぼの底力」が
三省堂書店本店で、2週連続で新書部門の1位を獲得しています。
神保町といえば、まあ、本の聖地みたいなものですから
そこでの1位はうれしいですね。
そして、そのランキングが京都新聞などの地方紙にも掲載されて…
問い合わせも増えております。

本書のキーワードは多様性と寛容性。
漢字にするとちょっと難しく感じますが、ぶっちゃけていえば
なんでもありを、よかよかと包み込むふところの広さということです。
イギリスEU離脱、アメリカではトランプ大統領誕生と、
「自国」「自分」中心が跋扈、世の中全体がきな臭くなっている今、
この本で、多様性と寛容性、
包容力を学んでいただければうれしいです!