メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

みなさんこんにちはメンズコスメのザスインターナショナルです。

a0003_001612運動中、睡眠中など、突然に足をつった経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか?
この症状は、こむら返りと呼ばれており、さまざまな原因で起こるのです。そこで、今回は足がつる原因と対処法をご紹介します。


■どうして足をつるのか?
①筋肉疲労
運動不足急激な運動は足がつる原因の一つ。その理由はミネラル不足が関係しています。運動することで、ミネラルが消費されていくため、足がつりやすくなるのです。

②水分や栄養不足

栄養が不足することでも足がつってしまいます。特にビタミンB1の不足は神経の働きを鈍くし、足のつりを誘発する可能性があるので注意しましょう!

③加齢や冷えによる血行不良
血行不良は筋肉の強張りを引き起こすため、足がつりやすくなります。中高年になると、筋肉が減少してしまうだけでなく、血行不良が起こりやすくなります。また夏場はエアコンのかけすぎによる冷えなども血行不良の原因です。適度な運動、エアコンの使用に気をつけるなどして、血行不良を予防しましょう!

■対処法
足がつったときはすぐにこの傷みを解消したいと思いますよね。
つったときは次のことを意識してみてください。
①体の力を抜く
あまりの痛みに力が入ってしまうこともあるかと思います。そのような場合は「横になる」「椅子に腰をかける」などして、体の力を抜くようにしてください。体の力を抜くことで、徐々に痛みが和らいでいくでしょう。

②ゆっくりストレッチ
足の筋肉を充分ほぐしておくと、足がつりにくくなります。足がつった直後は痛みがあるので、徐々に痛みが和らいできたら、ストレッチを行うようにしましょう。

③足首をまわす
「ふくらはぎが痛くて動かせないけど足首は動かせる」という方にオススメなのが、足首を回すことです。
足首を回すことで、筋肉の緊張が解れて血行も良くなってきます。

④ツボを押す
実は足をつったとき、ツボを押すことも効果的なのです!!
【承山(しょうざん)】

ふくらはぎの中央、膝の裏とくるぶしの中間点にあるツボです。
ゆっくりと押すことで水分代謝の改善が期待できます。
【委中(いちゅう)】
膝の裏の中央部分にあるツボです。
力を入れずにさする程度でも効果が期待できます
それでも痛みが引かないという場合は、指を強めに当てて10秒程度の指圧を繰り返しましょう

主な原因は血行不良や栄養不足です。普段の生活の中で予防できるので、つりやすい方は生活習慣を見直すことから始めていきましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

洗顔料の種類スキンケアの基本である洗顔。今回は洗顔に欠かせないアイテム「洗顔料」の種類をご紹介します。洗顔の効果は洗顔方法に関係してきますが、どんな洗顔料を使用するかでも、肌にとって重要です。それぞれの特徴を理解し、自分にピッタリの洗顔料を選択しましょう。


■洗顔料の種類について

洗顔料の種類は「石けんタイプ」「フォームタイプ」「ムースタイプ」「ジェルタイプ」の主に4つのタイプに分けられます。
①石けんタイプ
石けんタイプの特徴は無駄なく使用できるということ。また、天然成分が配合されたモノが多いため、肌への負担も少ないです。ただし、他のタイプより泡立てるのが面倒だったり、石鹸の表面が汚れやすいというデメリットもありますので、その部分は注意しましょう!

②フォームタイプ
チューブに入っている、最も一般的な洗顔料になります。泡立てやすく、洗浄力も高めなので、しっかりと皮脂や汚れを落とすことができます。
また、スクラブやメントールが配合されたモノなど種類も豊富。そういったモノはさっぱりとした洗い心地ですが、刺激が強いため肌の負担となる可能性もあります。使用する際は肌の状態を見てから使うようにしてください。

③ムースタイプ
泡状の洗顔料なので、泡立てることなく使用できるのがメリットです。さらにシェービングと併用できるタイプもあるので、男性にとっては魅力的な洗顔料と言えるでしょう。

④ジェルタイプ
水分が多いため泡立てやすいですし、さらに洗い上がりもサッパリなのが特徴です。
また他の洗顔料より洗浄力が高めなので、ベタつきやテカリが気になる方にはオススメのタイプと言えます。ただし、しっかり洗い流さないとヌメリ感が残るので、すすぎ洗いは他の洗顔料より手間かもしれません。

清潔な肌を保つために重要な洗顔。毎日使うものですから、肌やライフスタイルに合ったものを選ばなければなりません。どのタイプが適しているのか分からない方は、まず色々と試して見るのがいいでしょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

みなさんこんにちはメンズコスメのザスインターナショナルです。

KK187104818_TP_V
ここ数年で熱中症の注意報も、毎日の気温予想と同時にみられるようになりました。
言い換えれば、熱中症はそれくらい身近で誰にでも起こり得る危険な症状なのです!
重篤な症状に陥ると、死亡する危険性もあります。

そこで、今回は熱中症の症状と対策についてご紹介します。

■熱中症の症状

熱中症とは、簡単に言うと「暑い環境にいることに対し、身体が適応できずに起きてしまう症状の総称」です。以前は熱射病や日射病などという言葉が使われることが多くありましたが、これも熱中症の症状の1つなのです。

熱中症になる原因は、「環境」「健康状態」、そして「行動」の3つが大きく関係します。

「環境」とは気温が高く、湿度が高い環境のこと。風の弱さも影響します。「健康面」では水分やミネラルの欠如した状態や寝不足などが挙げられます。そして激しい運動といった「行動」が影響しあって、体温を調整することができなくなり、熱中症になるのです。

熱中症の症状は主に以下の4つがあります。
①熱射病
体温上昇したために意識障害がおきたり、ショック状態になります。呼びかけに対する反応が鈍かったり、不自然な言動をするなどの症状がみられます。

②熱失神(日射病)

炎天下にいると、熱を下げるために血管が拡張されて血圧が低下します。すると、脈が速くなりますが脳の血流が少なるため、めまいや失神、一時的な顔面蒼白が起こります。

③熱けいれん

激しい運動などで大量に汗をかいたとき、水分だけを補給すると血液の塩分が低下します。塩分が低下すると足や腕、腹部の筋肉に痛みと同時にけいれんが生じます。

④熱疲労

大量に汗をかき、水分を失って体が脱水状態になると、倦怠感・嘔吐・頭痛・集中力や判断力の低下などが起こります。


■熱中症にならないために

熱中症を予防するには、次に紹介する飲み物でこまめに水分補給をしましょう。
喉に乾きを感じた時には既に多くの水分を失っている状態です。まず、大切なのは外出前・運動する前に水分を補給しておくことです。常に“水分が失われる前に補充する”という意識が大切です。
①経口補水液
水分補給は大切ですが、注意も必要です。一度に大量の水を飲んでしまった場合、体内の電解質のバランスが崩れてしまい、かえって体調不良になることもあります。水分補給はかいた汗の分だけ、そして塩分も同時に摂取することが大切です。
日本体育協会は0.1~0.2%の塩分と糖質を含んだ飲料を推奨しています。失った体液を素早く補充するには経口補水液がオススメです。

②スポーツドリンク
運動している際は、水分と同時に塩分も同時に補給することが大切です。経口補水液同様に、スポーツドリンクなどでの補給もオススメです。
経口補水液と異なる点は、塩分(電解質)が少なく糖分が多いことです。また、クエン酸やブドウ糖やショ糖なども入っていることがあり疲労回復の効果が期待できますが、飲みすぎると糖尿病のリスクが高まるため注意が必要です。

③麦茶

麦茶には体温を下げる効果や、血液をさらさらにするという効果が期待できます。また、「ミネラル入り麦茶」が熱中症対策に効果的と言われています。カフェインも少ないため、日常生活を送るうえで定期的に飲む飲料としてオススメです。

今回は、熱中症の症状と熱中症を予防するオススメの飲み物をご紹介しました。
熱中症は室内でもなってししまうことがあります。油断することなく定期的な水分補給を心がけましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

このページのトップヘ