メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

HOTEL86_onsen20150221101452_TP_Vお風呂にゆっくりと浸かってリラックスするのが好きという人も少なくありません。
しかし、注意したいのがお風呂での眠気です。お風呂で眠ると溺れる危険性が高いというのは一般的によく言われていますが、実は他にもさまざまな危険があるのをご存知でしょうか?

そこで、今回はお風呂に浸かって眠くなる原因と、対策をご紹介します。

■眠くなるのは意識障害?
お風呂に浸かると体が温められ、血管が拡張されます。すると、血圧が低下してしまい脳に血液が十分に回らなくなってしまいます。血液不足になった脳は同時に酸素も不足して、意識障害を起こしやすくなります。このため、序盤はウトウトと眠気を感じ、次第に眠って(意識障害を起こして)しまうのです。つまり、本人には「眠気」と感じられても、実は「失神」しているのです。

お風呂に浸かることは、リラックス効果があります。
しかし、急激な血圧の低下によるリラックス状態には注意が必要。通常の眠気は、筋肉が解れて脳が睡眠物質のメラトニンを分泌することで起ります。
お風呂でのウトウトとした状態を「リラックスしている」と思い込んでいるのは危険です。意識障害を起こす一歩手前であるということを知っておきましょう。

■睡魔(意識の低下)を防ぐにはどうする?

・温度に注意する
熱いお風呂には入らないようにしましょう。
熱いお風呂は短時間で急激な血圧低下を引き起こします。
お風呂の理想の温度は、38~40度。ぬるいと思うかもしれませんが、この温度で10分ほど入れば、身体の芯があたたまってくるはずです。

・食後直ぐのお風呂は避ける
食事直後は消化が優先され血液が内臓に集中し、脳は休息状態になっています。食後の眠気は、この作用によるものです。

・水分補給をする
温かいお風呂に浸かれば、当然汗をかきます。汗をかき続ければ脱水症になり、血圧が低下するので注意が必要です。入浴前にコップ1杯の水分補給をしましょう。
また、日常的に水分摂取しておくことも大切です。また、入浴後にもコップ1杯の水を飲んで水分補給することをオススメします。

どうしても眠気が来てしまうという方は、アラーム付きのタイマーを付けておきましょう。
アラームが鳴ることで、眠気にウトウトしても意識がはっきりさせることができます。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

正しいオイリー肌の洗顔テカリやベタつきが不快なオイリー肌は男女問わずに共通の悩み。オイリー肌が気になるからと何度も洗顔したり、洗浄力が高めの洗顔料を使っている方も多いのではないでしょうか?
そうだとしたら、注意が必要です。逆にオイリー肌の症状が悪化してしまうかもしれません!!

そこで、今回はオイリー肌の洗顔方法についてご紹介します。

■オイリー肌にオススメの洗顔料は?
テカリやベタつきが気になるからといって、洗浄力の強いスクラブ入りやメントールの洗顔料で洗うのはオススメできません。一時的にサッパリはしますが、刺激や洗浄力が強いため肌への負担となる場合があります。また、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまい、皮脂分泌を悪化させるかもしれません。
オイリー肌の場合は、出来るだけシンプルな洗顔料、またはオイリー肌向けに作られた洗顔料を使うようにしましょう。

■洗顔のポイント
①キメの細かい泡で優しく丁寧に!

『キメの細かい泡を使って洗う』のが、ポイントです。
指でゴシゴシ擦りながら洗うと、肌を傷つける可能性があります。洗顔料をしっかり泡立てて、キメの細かい弾力のある泡で洗っていきましょう。

②すすぎ残しのないように!
洗顔のすすぎにも気は抜けません!!
すすぎ残しは肌トラブルの原因になります。オイリー肌の場合は、ぬるま湯でしっかりと洗顔料を洗い流してください。このとき、お湯が熱いと肌への負担をかけることになりますので、注意しましょう。

③水分をふき取る
仕上げは顔に付いた水分をふき取ることです。ゴシゴシとタオルで擦りながらふき取ると、肌に負担をかけることになります。タオルで優しく押さえるようして、ふき取っていくのがポイント。

基本的な洗顔方法ではありますが、オイリー肌の予防や改善には重要です。もし、間違っている点があったのあれば、洗顔方法を見直してみてください。
また洗顔後は水分がどんどん蒸発して乾燥を招きます。保湿ケアも忘れずに行うようにしましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

scapularis-387181_1280
ダニは身近なところにいる虫だというのは知っていても、実はとても恐い虫であることをあまり知らない方も多いでしょう。
ダニの死骸や糞などがアレルギー発作などを引き起こすのは有名な話。しかしダニの恐さはこれだけではありません。
ダニの一種である「マダニ」という虫に刺され(噛まれ)寄生された場合、さまざまな感染症が起こる恐れがあるのです。


そこで、今回はマダニの特性と刺されないための予防、刺されたときの対処法についてご紹介します。

■マダニとは
マダニは家の中に生息するダニとは異なり、体調が2~3mm程度と肉眼でもはっきり見えるほど多きなダニです。さらにマダニには動物に付着すると吸血する性質があり、吸血後には1cm近くにも膨れあがります。もちろん人にもくっつくことがあります。
マダニが皮膚に付着すると、皮膚をかみ切って皮膚の内側に頭をうずめます。そのまま数日かけて寄生吸血するのです。
マダニは、山の中や公園の草むら笹の茂みなどに多く生息しており、植物の葉の先などで動物や人が葉に触れるのを待っています。活発に活動する時期が春から秋であるため、アウトドアが盛んになる夏ごろにかけてマダニに刺される方が多くなります。
マダニが危険だと言われる理由は、感染症を媒介するところにあります。

マダニに刺されることで以下の病気に感染する可能性があるため注意が必要です。
・重症熱誠血小板減少症候群(SFTS)【潜伏期間:6~14日】
・日本紅斑熱【潜伏期間:2~8日】
・ライム病【潜伏期間:10~14日】

どれも、頭痛や発熱の症状があらわれるため、外出した後に発熱などの体調が悪化した場合は病院に行くことをおすすめします。

■マダニに刺されないために
・肌を露出させない
外出の際に肌の露出を極力少なくすることで、マダニが皮膚に付着するのを防ぐことができます。登山をしたり草むらのある公園に行く際は長袖長ズボンで行くようにしましょう。

・虫よけスプレーを使っておく
虫よけスプレーにはマダニが嫌がる成分の「ディート」が含まれています。
虫よけスプレーの効果はおよそ2時間と言われています。定期的に噴きかけるようにしましょう。

・マダニのいそうな場所には近づかない
マダニは草や動物に付着していることが多いです。このため、草木に近づかないこと、また動物の通りそうな場所・けもの道へは行かないようにしましょう。
また、マダニは「笹ダニ」と呼ばれるほど、笹の葉で待機することが多いです。笹にも注意が必要です。

・帰宅前、帰宅後に全身チェックを行う
皮膚にはついていなくても、服などに付着することもあります。
自宅に持ち帰らないよう、帰宅前に十分にチェックしましょう。
また、家についてからも着替えながら紛れ込んでないかチェックすることが大切です。

■マダニに刺されたときは
・病院で除去する
刺されてしまったときは、病院へ行きましょう。
マダニを適切な方法で確実に除去してもらえます。

・イソジンなどを利用して抜けるのを待つ
マダニがついているのを確認したら、多くの人が自分で抜いてしまおうと考えるもの。しかし、自分で抜く際は注意が必要です。マダニを無理に引き抜こうとすると、皮膚の内側に刺さっている頭部や牙が残り、感染症のリスクが高くなります。
イソジンや虫よけスプレー(ディート成分が含まれたもの)を脱脂綿などに染み込ませ、それをマダニに被せましょう。
しばらく放置したら綿棒などで、軽く突いて外れるのを待ちましょう。

・ベトネベート軟膏を塗る
痒みや腫れなどをおさえる働きがあるベトネベート軟膏は、マダニが持つ細菌や有毒成分にっも効果があると言われています。痒みなどを感じた場合は塗るようにしましょう。

自分でできるものはどれも対処法であって治療にはなりません。
マダニに噛まれているのを見つけた場合は、必ず病院に行き、医師に除去してもらいましょう。

感染症はどれも辛いものですから、医師の診断を受けて辛くなるまえに治療するようにしましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

このページのトップヘ