メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

2013年03月

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

スキンケア講座4回目は『花粉症とスキンケア』についてです。


今年は花粉飛散量が昨年の7倍とも言われていますので、花粉症に悩まされている人も多いでしょうし、症状が重く出てしまっている人も多そうです。

スキンケアという面においても花粉症は悪影響を及ぼします。

アレルギースイッチが入りやすくなっているため、普段と同じスキンケアをしていても肌がかぶれてしまう人も居ます。

また、直接肌にダメージが現れる人以外にも、花粉症による水分消費による乾燥や、痒さに耐えられず目元や鼻をこするなどの行動によって肌が傷んでしまいます

以前、春の保湿について触れましたが、保湿には口からの水分補給も重要です。外出先であまりマスクを外したくないという人も「喉が乾く前」にしっかりと水分補給をするのが大切です。

マスクもずっとしていると、摩擦による肌へのダメージや、蒸れることで肌荒れの原因になることもありますから、マスクはしっかり自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

また目や鼻がどうしても痒い場合は、こするのではなく痒い場所を抑える方が肌へのダメージが少なく済みます。柔らかいティッシュを使っていても肌にとっては硬いものですから、こすって使用すると角質を痛めてしまいます

ただでさえ面倒くさい花粉症ではありますが、肌を守るためにも油断せずにケアしていきましょう!


以上、ザスインターナショナルのスキンケア基礎講座でした。

皆さんこんにちは、ザスインターナショナルです。

男性はそこそこの年齢になると「ビール腹」のように下腹部がぽってり出てしまう人が多いです。そこで本日はそんな「ビール腹」や「ぽっこりお腹」を凹ませるための情報をお届けしたいと思います。


腹が出てくると腹筋運動やクランチをする人が居ますが、これは半分正解で半分間違いです。確かに腹回りの筋肉を鍛えることで前方にこぼれ出てしまった腹が凹みますが、これは腹筋運動で鍛えられる筋肉とは違います

下腹部を凹ませるために必要な筋肉は「腹横筋」という腹筋運動で鍛える筋肉よりも内側に位置している筋肉です。鍛える方法は単純明快ですから、是非試してみてください。

腹横筋を鍛えるには「お腹を凹ませる」だけでOKです。
この「凹ませる」の意味はもちろん、脂肪をなくすということではなく、お腹の筋肉で物理的に腹を凹ませるだけです。例えば、ウエストを測るときに今だけ細く見せたい、という的にペコッと腹を凹ませるのと同じです。

この「お腹を凹ませた状態で呼吸する」ことをドローインと呼びます。
ドローインは、腹横筋を鍛え下腹部の出っ張りを制限してくれます。ドローインは寝ていても立っていても歩いていても座っていても出来るため、毎日意識的にドローインをすることで自然と下腹部を凹ませていくことが出来ます

ちなみに脇腹は腹斜筋という筋肉を鍛える必要があり、こちらを鍛えるにはある程度のトレーニング的な動きが必要になるので、またいずれ改めて紹介しようと思います。


以上、ザスインターナショナルより男の体づくり第1回をお届けしました。

こんにちは、ザスインターナショナルです。

今日は以前お届けした恋愛で役立つモテ術の2回目として、「視線の観察」についてご紹介します。


前回「恋愛の予約」に関してのお話を書かせて頂きましたが、予約だけでなく行動に移すためには相手からの好意を把握する必要があります。

せっかく予約しても相手がその気になってくれた時に行動出来なくては「待ち」の対応しか出来ませんし、相手がその気になる前に行動に移してしまうとせっかくの予約が台無しです。

そこで「相手が今、自分にどの程度の好意を抱いているか」を把握することが恋愛を成就させるためのカギとなります。

そこで大事なのが「視線の観察」です。

男女間には視線に関する大きな違いとして「好意を寄せる相手と目が合った時にどうするか」があります。

男性の場合は比較的多数が「好意を寄せる相手を見つめる」傾向にありますが、女性の場合は比較的多数が「好意を寄せる相手から視線を逸らす」傾向にあります。

ですから目が合った時、相手が視線を逸らさないのは「脈なし」のサインと捉えましょう。逆に目が合ってすぐに相手が視線を逸らした場合は「脈あり」の可能性が高いです。

これが何度か続くようであれば、まずは食事などの軽いデートに誘ってみましょう。

中には気まずいなどの理由で視線を逸らされる場合もありますが、そちらに関しては日常的なやり取りの中で判断することが必要になります。


以上、ザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、ザスインターナショナルです。

スキンケア講座3回目は『春の保湿』についてです。

春は湿疹やニキビ・吹き出物・皮むけなど肌トラブルが出やすい時期でもあります。
花粉症と肌荒れのダブルパンチなんて人もいるんじゃないでしょうか。これは冬場に代謝が低下していた事や、アレルゲン、新生活でのストレスなど色々な要因が絡んで起きてしまいます。

そこで欠かせないスキンケアとしては「洗顔」「保湿」

何か、ヒリヒリしたり痒かったりしてきたら、まずは余分な刺激を与えないことが大切。
早く落ち着かせようとしてコスメを変えたり洗顔をいっぱいしたりすると、余計に悪化させてしまうことが多いです。
刺激与えてしまうと、かえって血管拡張(赤ら顔)色素沈着(シミなど)ニキビとして肌に出てしまいます。これは低刺激な化粧水とクリームで丁寧にケアをしていけば徐々に落ち着いていきます。

中にはコットンでローションパックをする人もいると思いますが、長時間のパックは良くありません。特にエタノールやアルコール系のローションを使用している場合、それらが蒸発して化粧水の濃度が上がり、成分が濃縮されてしまうことで「乾燥」に繋がります。長くとも5分以内でやめておきましょう。

一回で肌状態を緩和しようと考えるのではなく、毎日5分でも良いので「続ける」ことが重要です。

春は出会いの季節でもあります。
今日から保湿中心のケアを心がけてみてください。

以上、ザスインターナショナルのスキンケア基礎講座でした。

皆さんこんにちわ、ザスインターナショナルです。

今日はスキンケア講座とは少し趣向を変え、恋愛で役立つモテ術のご紹介をしたいと思います。今日は第1回目ということで、まず恋愛の予約」についてご紹介します。


皆さんは好きな子が出来た時にどんなアプローチをしていますか?
とにかく誘いまくる好きだとストレートに言葉にする好きだと自覚した途端にわたわたしてしまう、他にもたくさん好きな子へのアプローチ方法はあります。

とはいえ好きになられる子には彼氏がいることが多いでしょう。魅力的な子ほど彼氏がいない期間は短いもの。彼氏がいる時に「好き」を伝えられたら、よほど魅力的でない限り良い答えは得られません。また、相手にとって自分が好みのタイプでなければ、彼氏がいなくてもダメかもしれません。

そんな時に役立つのが「恋愛の予約」です。

飲み会の席などで少し二人で話をする機会が得られたら「好きになってもいいですか?」と聞きましょう。よほど気が強い子だったり、嫌がられていなければ、相手はノーを言えません

このように聞かれて悪い気はしないものです。これは男性の皆さんが逆の立場でも同じように思うハズです。相手の気持ちを強制することは出来ませんし、誰かに好かれているというのは大きなメリットと言えます。
これが「付き合ってください」などと何かを要求されると答えはノーに変わります

これで「恋愛の予約」は完了です。
相手の心の中にしっかりと「自分に好意を寄せている人」として根をはります。こうなると相手の心の中で次第に皆さんの存在が大きく育っていきますから、あとは収穫の時期を待つだけです。


以上、ザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

それでは。

このページのトップヘ