メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

2013年06月

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

スキンケア講座14回目は『肌のテカリ対策』についてです。
000479











男性の肌は女性の肌に比べて皮脂量が約2倍もある一方で、女性よりも水分が少ないという特徴があります。

皆さんの中には「皮脂を取り除けばテカリは改善される」と思っている方もいるかと思いますが、実はこれ大きな間違いなんです。

テカリ改善のポイントは「肌の水分量」にあります。

肌が乾燥すると肌を守るため過剰に皮脂が分泌されテカリに繋がりますので、年齢や肌状態に合わせて適度に皮脂を除去しながら水分を補給していくことが大切です。

肌を乾燥させないためにも、洗顔は洗顔料をしっかり泡立て優しくマッサージをするようにしてください。

また洗顔に使用するお湯には適温というものがあります。

温度が高すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌が乾燥しやすくなります。目安としては32度のぬるま湯が理想的だと言われています。

洗顔後には化粧水でしっかりと潤いを与え、乳液やクリームで水分を閉じ込めましょう

これを意識して繰り返すだけでもテカリはかなりと軽減されます。

毎日のスキンケアでテカらない肌を目指しましょう!


以上、男性化粧品のザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

今日は口下手でもモテる事ができる『聞き上手になる方法』です。
016179











男女問わず人は基本的に自分の話を聞いてもらうのが好きですから、自分の話を聞いてくれる人に対して好意を持ちやすいです。

そのため自分自身に特別なトークスキルがなくとも、相手の話を聞いているだけである程度モテることが可能です。

話を聞く上で大切なのは「横槍を入れない」ことや「勝手に話をまとめない」ことです。横槍を入れられると気持よくしゃべることは出来ませんし、話をまとめてしまうと後に続く話が流れてしまい会話が途切れてしまいます。

相手が話をしている際には相槌やオウム返しで間を埋めていくのがセオリーですが、一番良いのは「本当に興味を持つこと」です。

伝えたかった情報を100%伝えるということは余程の話し上手でないと難しいですが、聞き手が興味を持って質問をしていると情報はほとんど伝えることが出来るようになります。

興味をもつことは聞き上手になる一番の近道です。

また、興味が無い話には「いつ」「どこで」といった詳細を聞くのではなく、相手の気持ちを聞くこで話が広がりやすくなります。

これは話の内容ではなく、相手に興味を持つということです。狙っている子やいいなと思っている子には興味がありますよね?

例えば「天気がいい」という会話でも、相手に興味があれば「晴れが好きか雨が好きか」ということを知るチャンスなワケです。

ちなみに、話の内容にも相手にも興味が無いのであれば、聞き上手である必要性はありませんから、仕事の付き合いでない限り早々に会話を切り上げてしまいましょう。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

スキンケア講座13回目は『男の肌のザラツキ』についてです。

肌の毛穴が常に汚れていたりニキビ跡をそのまま放置している状態が続いてしまっていると、顔の表面だけを一生懸命洗ってもザラつきは改善されません

男の肌のザラつきを改善するには、「毛穴の奥まできちんと洗顔すること」が大切です。

鏡で自分の顔を見た時に毛穴が開いている場合、奥に詰まっている汚れをしっかり洗浄する必要があります。

また、ニキビができている、あるいは昔のニキビ跡があって肌表面がボコボコしてるということはないでしょうか。ニキビは開いてしまった毛穴の炎症で、ニキビ跡は肌にとってキズ跡です。

これらが肌のザラつきの原因となりますので、しっかりとケアをするようにしましょう。


方法としては以下のことを守ってスキンケアしてください。

◆しっかりと毛穴の奥まで洗顔をする
◆化粧水で 肌に水分と潤いを与える
◆毛穴を閉じたり、肌を丈夫に修復させる効果の高いビタミンCを使う


以上の3点を確実に抑えることが大事です。

特にビタミンCは 肌のテカリを抑える作用があるので、肌のザラつきだけでなく、顔のテカリも気になる方におすすめです。

なお過去に何度も書いていますが、洗顔時には毛穴の奥を洗おうとゴシゴシとこするのはNGなのでしっかり泡立てて泡を毛穴に潜り込ませるイメージで洗ってください。
018080












以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のスキンケア講座をお送りしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

スキンケア講座12回目は『シワ予防』についてです。

シワができてから改善対策するのではなく、事前に予防しておくことで労力もコストもグッと少なくて済みます。

特に学生の頃に屋外で部活・クラブ活動していたり海を肌で焼いたりと、紫外線を多く浴びてきた方は要注意です!

なお、すでにシワができてしまった場合は、シワが深くならないように対策することがおすすめです。
sor0018-009










【正しい洗顔】
洗顔時、ゴシゴシ力いっぱい洗っていませんか?
これでは肌の免疫機能を低下させシワができやすい状態になります。
洗顔料はしっかりと泡立て優しく洗いましょう。ポイントとなるのは薬指を使って洗う事です。薬指は力が入りにくいので、薬指で円を描くように泡を転がすと優しく洗うことができます。

【肌をしっかり保湿】
洗顔後、乾燥した肌は、紫外線による影響を受けやすくなり、目元や口元などに小ジワができる可能性があります。洗顔した後は化粧水やローションで保湿することを欠かさないようにしましょう。

【紫外線対策】
紫外線は肌のハリ・弾力を維持する真皮層まで届きます。
真皮層に届いた紫外線は、コラーゲンやエラスチンといった繊維細胞を変形・破壊し、シワたできる大きな原因になってしまいます。
UV対策をするのはもちろん、外出時はできるだけ日陰に入るなどこまめな紫外線対策を行いましょう。

シワがあるとないとでは見た目も印象も随分変わってきます。

5年後10年後を見据え、今からケア&予防をしていきましょう。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルよりスキンケア講座をお送りしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

夏が近づいて水着などの上半身裸になるような機会はすぐそこまで来ていますが、今から慌ててダイエットをするというのは止めた方が良いです。

今から間に合うのは「最後の仕上げ」程度です。
015030











人間が一ヶ月に落としていい重量は体重の5%までと言われていますから、例えば現在80kgであれば海開きまでに落とせるのは4kg、お盆過ぎまでに7.8kgです。

この4kgを仮に脂肪だけ燃やすとした場合、かなりの有酸素運動を必要とします

カロリーにすると1kgの脂肪を燃やすのに必要なのはおよそ7200kcalです。

これをジョギングで換算すると100km以上を走る必要があります。4kg落とそうとすると1ヶ月で400kmですから、毎日休まず13km以上走る必要があります。

最も脂肪燃焼に効果的と言われる水泳ですと、クロール50mを75秒ペース(一般平均の1.5倍程度のタイム)で1時間半で済みますので幾らか現実的でしょうか。もう少し遅くして50m100秒ペースにすると110分程度になります。
※80kgの人がやった場合のメニューです。

何にしても普段あまり動かない人がやると、これだけで翌日体中がだるいということになると思いますので30日間は続けるのはかなりの覚悟が必要です。

ちなみにジョギングや水泳の直後は水分が体から出ていますので体重だけ見れば1kg以上痩せているように思いますが、そのカラカラの状態を維持することは出来ません

ダイエットには食事制限をするなどの方法もありますが、食事制限によるダイエットは筋肉を減少させ「太りやすい体を作る」ことになりますのでおすすめしません。

今から準備すれば来年の夏には間に合いますので、少しずつ有酸素運動と筋トレを取り入れていきましょう


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男の体づくりをお届けしました。

このページのトップヘ