メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

2013年09月

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

スキンケア講座26回目は『自宅で出来る"たるみ"の改善方法』についてです。

顔のたるみには4つのツボが効くとされています。

✩「救後」(きゅうご)
効果:目元のたるみや小じわに
場所:目尻の斜め下の骨のくぼみにあるツボです。

✩「四白」(しはく)
効果:顔のたるみやむくみに
場所:下まぶたの中央から約1.5cmほど真下のくぼみにあるツボです。

✩「迎香」(げいこう)
効果:ほうれい線のたるみに
場所:小鼻の脇にあるツボです。

✩「地倉」(ちそう)
効果:同じくほうれい線のたるみに
場所:口角の横にあるツボです。

中指の腹を顔に対して垂直にあてて、気持ちいいと感じる程度にやさしく押してください。5秒間押したら離し、それを繰り返します。

たるみは、肌内部のコラーゲンの劣化によりハリや弾力が失われてしまった状態で引き起こされますが、ツボを刺激することによって弾力を失った肌の機能を高めることができますよ。
010286












普段のお手入れのついで、たるみに効くツボ押しも試してみてはいかがでしょう。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

スキンケア講座25回目は『女性に見られている手指スキンケア』についてです。

見られていないようで実はよく見られているのが「手」や「指」です。

特に女性は触られる側ということもあり、男性の手や指に注目していることが多いです。

女性の中には男性の爪の長さで「彼女がいるかどうか」を判断する人も居るようです。

手や指の一般的なケア方法といえばハンドクリームですが、もう一つ進んだハンドケア方法もありますので、そちらをご紹介します。
1236976_603652586352731_1301124937_n










基本は顔などのスキンケアと同じですね。

①洗いすぎない
手洗いは水分が蒸発する時、一緒に手の潤いも逃げています。
またハンドソープは大切な油分を奪ってしまいます。
必要以上に手を洗うのはやめ、洗った後はすぐに水分をきちんとふき取るようにしましょう。

②顔と同じケアをする
手も顔と同じように、化粧水・美容液・乳液といったケアをしましょう。
普段しっかりとスキンケアをしている人は、ついでに顔の分をこれまでより少し多く取って手にも伸ばすといいですよ。

③乾燥が気になる時はパックでスペシャルケア
かさつきや乾燥が気になる時はパックをしましょう。
特別なものが無くても出来るパックに、ティッシュパックというものがあります。

■ティッシュパック
ティッシュを手の甲に広げたら、その上から化粧水を含め広げます。
これをビニール袋で包み、手首を輪ゴムで止め5分ほど置くと保湿効果がアップします。


顔や服だけでなく手のケアをきちんとしていることで、「きちんとした人」「気配りができる」といった好印象を与えることができます。

冬に放っておくとどんどん荒れてしまいますから、ちゃんとハンドケアして印象アップしましょう。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

【8月1日 AFP】男性の目は、大昔に動物を追って狩りをしていた名残で遠くのものを見るのが得意で、女性の目は近くのものを見るのが得意――。

英国の臨床心理学専門誌「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・サイコロジー(British Journal of Psychology)」オンライン版に30日、このような研究結果が発表されました。


スタンシー氏は、結果について

「狩猟採集時代においては、女性は身近な場所での仕事が求められ、一方で男性のハンターたちにとっては、獲物は遠くの場所にあった。視覚処理におけるこうした性差は、進化の過程における名残だろう」

分析しています。


実はこれは視覚処理だけに限った事ではありません

男女のコミュニケーション上でもこの視点の違いは価値観の違いにあらわれています。


男性は彼女よりも仕事を優先し、女性は何よりも彼氏を優先しようとする傾向があります。

女性は「自分を何よりも優先して大切にして欲しい
と思いますが、男性は彼女よりも自分の友人や仕事を優先する性質があるのです。


以前「話を聞かない男、地図を読めない女」という男女の脳の作りの違いを題材にした本が流行りましたよね。これと同じです。


男性の脳は地図を読むのが得意と言われるように、空間認知力に優れていて、女性よりも物事を俯瞰で見ることができます。
そのため、近くにあるものよりも離れた所にあるものに興味を持ち意識するのです。


逆に女性身近なものに程愛情を感じます
恋人を最優先だと考え、その後に家族や友人、ペットと続きます。

その為、自分の存在よりも仕事や友人を優先する男性の態度許せないのです。

「仕事という遠いモノよりも、私という近いモノを大切にすべき!!」と考えているからです。


また男性は大きな夢を抱いたり、かなり先の事まで考えて計画をたてがちですが
女性はそんな男性の大きな夢に対して興味がもてません

遠くのモノに対しては関心が持てず、目の前の事を考えがちだからです。

023775








このような男女のモノの見方の違いを理解していないと、意識せず彼女を怒らせてしまいます。

自分の事を最優先に考えて欲しい
という彼女の気持ちを理解し、少しでも言葉や態度で示してあげるときっと彼女は安心してくれると思います。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男女の価値観をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

人にはパーソナルスペースというものがあります。

聞いたことがない人でも感覚的に分かると思うのですが、あまり知らない人に距離を詰められると困りますよね。

例えばカウンター席や電車での移動中、ガラガラなのに真横に座られると居心地が悪くなってしまう感じです。

あれは初対面の相手に対して持っている、自分のパーソナルスペースよりも内側に入られたことによる戸惑いです。

このパーソナルスペースには4種類あり、近い方からそれぞれ密接距離、個体距離、社会距離、公共距離と呼ばれています。

密接距離(45cm以内)……恋人や夫婦などごく親しい間柄
個体距離(45~120cm)……友人や兄弟・家族など一定以上の信頼を置いた相手
社会距離(1.2~3.5m)……初対面の相手などすぐ手が出せない距離
公共距離(3.5m以上)……講演などをする場合の距離で複数人が見渡せる程度

人によって誤差はありますが上記4つのスペースに分けられています。

ちなみに頭頂部から見た場合、男性は正面が出っ張ったたまご型女性はほぼ円型になっています。

どちらも中心は本人よりも『少し前』ですね。

たとえば真横に肩触れあわせて座ったり背中合わせは良くても、正面から10cmだと男同士だと気持ち悪いのは歪な形によるものです。
a0006_001719










このパーソナルスペースを恋愛に活かすためには、純粋に距離を近づければ良いのです。

男性に対して女性の方がパーソナルスペースに対する縄張り意識が少ないため、こちらが二人の現在の関係から適正と思う距離よりも一歩踏み込んでみてください。

この際に注意するのは相手の側面から近づくということです。

パーソナルスペースの中心が少し前方にあるというのもありますし、また別の心理テクニックになりますが正面の人には敵対心を、横の人には親近感を抱きやすいからです。

この時に相手が嫌がる素振りを見せなければ、今後はその距離を保ちつつ、更に距離を近づけるようにしましょう。

ただし距離を近づけてみてスッと下がられたり、相手が居心地悪そうなら、また元の距離に戻して関係を築いていくのが肝要です。

ちなみに上手い人はちょっとしたふれあいをすることでパーソナルスペースを急速に縮めることが可能です。

自然に頭を触ったり、肩を叩いたりすることが出来るのであれば、こちらの方法で距離を詰めるのも良いかもしれません。

ちなみに女性は縄張り意識が低いため安易にこちらのパーソナルスペースに入ってきて誤解させることも多いので、相手から踏み込んできた場合にその距離を鵜呑みにするのは早計ですよ。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

スキンケア講座24回目は『赤ら顔の原因とスキンケア』についてです。
1175345_597935503591106_1560781021_n





















肌が荒れると炎症が起きるため皮膚は赤くなります。

主な原因としてはニキビや吹き出物、かぶれなどですね。

一度炎症を起こしてしまうと皮膚の免疫力が落ちてしまい、更なる肌トラブルを起こすきっかけとなってしまいますので早めにケアをするのが重要です。

治ったと思ったニキビがまた同じところにできてしまうのも、こういった理由があるんです。

いつまでもトラブルを繰り返してズルズルと肌の炎症状態が続いてしまうと、その赤みが色素沈着して赤ら顔になり、更に悪化するという可能性があります。

肌が弱くトラブルを頻繁に起こしやすい肌質の方は、普段のスキンケアから注意とケアをしていきましょう。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

このページのトップヘ