メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

2014年12月

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。


10827986_849275798457074_5556544637289067873_o

20歳を過ぎると、ニキビの出来る位置が下がる!?




年齢を重ねるにつれ、ニキビの発症部位は下へと移行する傾向があるといわれています。口周りのニキビは典型的な「大人ニキビ」ですね。
また、大人ニキビはあらゆる要因が重なって発症する場合が多いため、治りが遅いという特徴があります。

■口周りのニキビが出来る原因
①乾燥
顔の部位の中でも、口周りは乾燥しやすい場所。乾燥から肌を守ろうとして角質部分が厚くなり、毛穴がつまることでニキビが出来るのです。
また、スキンケアにおいても口周りは見落としやすい部位といわれています。

②ヒゲ剃りや口周りの汚れ
ヒゲ剃りの際にカミソリの刃が不衛生だと、雑菌が毛穴から入ってしまいニキビや炎症の原因となります。
また、口周りは食事をしたり飲み物を飲んだりする場所なので、汚れやすいといえます。ニキビが治りにくかったり、悪化させてしまう原因はそこにもあるようです。

③胃腸への負担
体内の不調は、結果的に肌へ負担をかけることになります。
食べ過ぎやお酒の飲み過ぎ、ストレスなどの精神的な面も胃腸に刺激を与え、機能を低下させてしまいます。こうした不調のサインとして、口周りにニキビが表れてしまうのです。

■口周りのニキビ対策

①保湿と清潔を心がける
口周りのニキビを作らないために、まずは洗顔と保湿をしっかり行うことが大切です。ヒゲ剃りに使用する剃刀の刃も清潔にしておきましょう。
ヒゲ剃り時の肌への負担を少なくするために、蒸しタオルでヒゲを柔らかくしたり、シェービングジェルを使うなどの工夫も大切です。

②食生活を見直す
胃腸に負担をかけない食生活が理想です。偏った食生活をしている方は見直してみましょう。寝る前や夜中に食事をすると消化に良くないので注意が必要です。
ビタミンB群の不足でもニキビが出来やすくなります。ニキビ予防のために効果的な食品としてレバー、豚肉、納豆などを取るようにしましょう。


口周りのニキビの原因は日頃の生活習慣が大きく影響してきます。
普段の生活習慣が乱れていると自覚している場合は改善が第一です。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

JSK542_kanpai500
年末年始などの帰省中に恋愛をした、という経験はありませんか?




地元を離れて生活している女性は、帰省中に出会った男性に気持ちが動くことが多いようです。今回はその理由についてお話しします。


■気軽に話せる間柄になりやすい
学生時代は交流のなかった相手でも、久しぶりに会うと懐かしいと感じるもの。
また、学校の思い出話など共通の話題もあるため盛り上がりやすいのです。
「意外と話しやすい人だったんだな」と感じた瞬間から、恋愛対象としても意識するようです。

■成長した姿に惹かれてしまう
子どもの頃はパッとしなかった人も大人になるとある程度垢抜けていますよね。
その変化に驚き、それから気に始めるというケースは案外多いよう。

■同郷恋愛ならではのメリット
まとまった休みの取りやすい年末年始、夏休みといった期間に同じ場所へ帰れることは、同郷恋愛の最大のメリットではないでしょうか。
また、女性は男性よりも結婚を意識するタイミングが早めです。そのことを考える女性にとっては、同郷の男性と恋愛する方が将来的に安心という見方もあるようですね。

■共通の知人が多い
地元が一緒であれば、共通の知人も自然といることでしょう。互いのことを知る知人がいることで相談相手などもできやすく、恋愛が長続きする傾向にあるようです。

■昔好きだった人との再会
学生の頃に好きだったものの、結局何もアクションを起こさずに過ごしたという人は意外と多いそうです。同窓会やクラス飲み会で久しぶりに再会した時、その頃の気持ちが再度燃え上がることも。


帰省中もある意味出会いのチャンスと言えますね。
お休みが終われば遠距離になってしまう場合もありますが、帰るところが同じという安心感は大きいと思います。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。


10868205_845819828802671_6242576987096129703_n


肌が冬に年をとる原因のひとつは「毛穴老化」






冬の毛穴トラブルは早期発見が難しく、気が付いた時にはそれが原因で肌が老化してしまっているというケースもあります。
正しい毛穴ケアを身に付けて、冬の肌の老化を防ぎましょう。

■冬に起こりやすい毛穴トラブル
・乾燥毛穴
肌の水分量が低下して表面のキメが乱れることで起こるのが乾燥毛穴です。
とても目立ちやすく、「冬になると毛穴が気になりだす」という方は乾燥毛穴を疑った方が良いといえます。

・たるみ毛穴
加齢によって肌の弾力が失われることで起こるのがたるみ毛穴です。
通常の毛穴は縦長の形をしていますが、たるみがすすむと毛穴が縦型から楕円形へと変化します。
楕円形になることで毛穴は横に広がり目立ちやすくなります。


■冬の毛穴ケア方法
①蒸しタオルを使って毛穴をしっかりと開く
※熱いまま顔に乗せると肌を傷めてしうことがあるので注意しましょう。

②クレンジングオイルを使って、優しくマッサージするように洗浄する

③ぬるま湯で、丁寧に洗い流す。

④洗浄後は毛穴が開いている状態なので、しっかりと保湿して毛穴を引き締める


毛穴ケアにおいて保湿は必要不可欠です。冬のケアをしっかりとしておくことで、若々しい健康な肌を保つことが出来ますよ。



以上、男性化粧品のザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。


BL003-usousocyottomatte20140810500


何気なく使っている一言が、女性を遠ざけているかも。




誰でもひとつは持っている「口癖」。
そのほとんどが無自覚なものですが、内容によっては自分のイメージダウンになる可能性があります。
今回は非モテ男が使いがちな口癖をご紹介します。

■「でも、~だから」
こうした言い回しを多用する人は相手にネガティブな印象を与えます
確かに、できない(やらない)理由ばかり話す人と一緒にいても楽しくないですよね。

女性に限ったことでなく、人はやはり前向きな姿勢を好むもの。
言い訳めいた口調はすっぱりとやめるべきでしょう。


■「俺的には~」

この口癖を使う人は「周りの意見を聞き入れない人」と思われます。
実際、自分の考えであることを前置きにすることで、周りの反応からバリアを張っている節があるのです。

バリアを張るという行為は「自信の無さ」の表れでもあります。
心当たりのある人は、自分に自信をつけていく必要があるかもしれませんね。


■「昔は~だった」
昔の自慢話につながる口癖は最も不評です。
なかでも特に嫌われるのが「昔はモテた」発言。アピールのつもりでも、実際は女性をうんざりさせています。
その逆である「昔はダメだった」いう話も、過去と比較して現在を良く見せようとする心理が働いているだけなのでNGです。

相手が見ているのはあくまでも「現在のあなた」です。この口癖をつい使ってしまうという方は、(アピールのつもりではなくても)印象が悪いので止めておくべきと言えます。


■「つまり?」
この口癖を持つ男性は、女性にとって「話を聞かせたくない相手」です。
女性はオチが無い話をひたすら続けてしまう傾向にあり、「つまり?」と問いかけられることがストレスになる場合もあるのです。結果、この人には話したくないと思うようになってしまいます。

この口癖に心当たりがある人は、女性にとっての「聞き上手」ではないということです。


■「~したいんだ」
「あの国に行ってみたいんだ」
「○○になるのが夢なんだ」
夢を語る男性は魅力的に見えるものですが、度を過ぎると口ばかりの印象がつきます。
行動が伴わないまま夢見がちなことばかり話していると、だんだん発言に対する信憑性も失われてしまいます

実際のところ、不言実行が最も男らしいのではないでしょうか。


このなかに心当たりのある方は自分の口癖を見直してみましょう。
ピンと来なかった人も無関係とは言いきれません。最初にも話したように口癖は無自覚なものが多いからです。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。


10407802_841338359250818_6526574579941363333_n

「額や
鼻筋はテカるのに、顎や頬はカサつく」という悩みは意外と多いよう。



このように箇所によって肌質が違う場合は、混合肌になっている可能性があります
症状としては
「乾燥+普通」「普通+オイリー」「乾燥+オイリー」となりますが、混合肌はテカるところとカサつくところが混在している方が多いようです。
原因としては、紫外線やエアコンによる乾燥、外部からの刺激をうけやすい季節の変わり目に肌質が変化することなどが考えられます。

習慣になっているスキンケアが混合肌を悪化させている場合もあるので、まずは正しいスキンケアを身に着けて対策をしていきましょう。


■洗顔方法
主に皮脂が多い部分であるTゾーン(額から小鼻にかけての場所)から洗っていきます。口元や頬などのUゾーンは乾燥しやすいので、泡を優しく馴染ませて軽く汚れを落とす程度にしましょう。
おでこのテカリが気になるから、と全体をガシガシと洗っていると肌が弱ってしまいます。その逆も然りです。
混合肌の洗顔は
余分な皮脂は落とし、必要な皮脂や保湿成分は逃がさない」という意識が大切です。


■保湿ケア
洗顔後は保湿力の高い化粧水でしっかりと水分補給をしてあげましょう。
また、カミソリによる髭剃り後の肌は乾燥しやすい状態なので、特に入念な保湿が大切です。


喫煙や飲酒、偏った食生活、過度なストレスなども肌のバランスを崩し混合肌を作る原因となります。
肌の不調を感じた時は生活習慣の見直しをしてみるのもひとつの手です。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

このページのトップヘ