メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

2015年05月

皆さんこんにちは、男性化粧品のザスインターナショナルです。

a0002_007447
夏の暑い季節でも革靴で出社し、街中をガンガンと歩かなければならないのは社会人の辛いとこですよね。

しかも、これからの季節は足が蒸れやすく、水虫ができやすくもなります。
サラリーマンの皆様はいつも以上に気を引き締めて水虫対策を考えなければなりません。

今回の身だしなみ講座では「水虫の原因と予防法」について特集していきます。



■水虫の原因
水虫はカビの一種である白癬菌(はくせんきん)によって罹患する皮膚病です。
足に付着するだけ水虫を発症するわけではありませんが、患部が高温多湿になると発症の可能性が大きく上がるので注意が必要です。
長時間同じ靴や靴下を履き続けると足が蒸れますよね。特に気温の高い夏なら尚更のこと。
原因となるこの白癬菌は温度が15度以上、湿度が70%以上になると急激に増加するので、水虫の危険性が大きく高まりますので、これからの季節は要注意です。

■水虫の症状

「水虫=足がかゆくなる病気」と覚えている方も多いと思います。かゆみは水虫の第一段階
白癬菌によって足にかゆみが発生しますが、水虫が進行すると2~3mmほどの水ぶくれが足の裏や側面にできるように。場合によっては大きくなることもあるようです。
そして最終的にはかゆみに耐え切れず、ボリボリと掻いてしまい、足の皮がボロボロに剥けてしまいます


■水虫の予防法
・スリッパ、マットは兼用しない
水虫の感染経路としてよく知られているのが、スリッパマットです。
家族内でこれらをシェアしている方も多いのではないでしょうか。
しかし、誰かひとりでも白癬菌を持っていた場合、家族全員が水虫になってしまうかもしれません。感染を拡げないためにも、スリッパ・マットは個人用を準備しておきましょう

・足の洗浄
前述した通り、足に白癬菌が付着するだけでは水虫には感染しません。
感染にいたるまでは最低でも24時間が必要だと言われています。
この間に足をしっかりと洗い、白癬菌を落とせば、感染は予防できるでしょう。
ただし、足に傷口などがある場合はもっと早い時間で感染する可能性がありますので注意が必要です。

・同じ靴は履かない
自分では気づかないものですが、1日履き続けた靴にはコップ一杯分もの汗が染みこむそうです。
これによって靴の内部に白癬菌が発生してしまうかもしれません。
靴の湿気・最近はそう簡単に除去されませんが、夜帰宅して朝出社する際に同じ靴を履き続けていては、白癬菌に足が蝕まれる可能性が高まります。
毎日同じ靴を履かず、一日使った靴は天日干しをするなどして休ませてあげてください。そのために、靴は3足程度持っておくことをオススメします。

以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男の身だしなみ講座をお届けしました。


皆さんこんにちは、男性化粧品のザスインターナショナルです。

a0001_016717

社会人の戦闘服である「スーツ」ですが、プライベートの私服などと比べるとどうしても「暑い」ですよね。



特に夏場はスーツを着るのが嫌になりやすい季節。でも、スーツの素材を変えるだけでもっと快適に夏を過ごせるでしょう。

今回の身だしなみ講座では「夏にうってつけのスーツ選び」をご紹介します。


■夏のスーツは軽い

スーツの基礎知識として覚えておいてほしいのは、「スーツは軽いほど涼しい」ということ。
生地が薄ければ薄いほど、通気性が良くなり、夏でもサラッと着こなせるので不快になりません。逆に生地が厚いほど空気をためこみやすくなるので、外気との断熱効果が高まって暖かいです。

夏・冬スーツを見分ける1つのポイントとなる「重さの基準」を覚えておきましょう。
230g前後のスーツは夏物で、冬用だと260g以上となります。


■夏スーツの生地
スーツの生地は大きく「夏用」「冬用」「両用」に分けることができます。
夏用には主に以下の素材を使いたいところ。

・モヘア
ハリ・コシのあるスーツ生地で、シャリシャリと清涼感があるのが特徴です。また、シワになりにくいのも大きなメリットだと言えるでしょう。
ただ、雨に打たれると生地がボコボコになりやすいので、梅雨の時期は控えることをオススメします。

・麻(リネン)
生地の軽さ、通気性の良さが特徴で、夏にぴったりの生地。涼しさを一番に考えるのであれば麻が最適です。
ただし、シワになりやすいですし、スラックスだと膝が抜けやすいというデメリットがあります。
強度が少し弱いので、最近ではウールやポリエステルと混紡している製品もあります。長く使いたい場合はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。


・コットン(綿、木綿)
通気性が高いコットンは、ハリがあり、シルエットをきれいに演出してくれます。
また、コットンだと自宅で洗濯もできますし、なによりスタイリッシュで私服にも利用できるのが大きな特徴です。
しかし、カジュアル寄りであることは否めませんので、業種によっては着用を許されないかもしれません。

最近ではこれらの他にもシアサッカーサマーカシミアも人気の素材となっています。
「夏にスーツか……」と憂鬱になりがちですが、そういった方は一度今回紹介した夏スーツを試してみてはいかがでしょうか?

以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男の身だしなみ講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

11113848_930281610356492_4600790994767560947_n
昔から「植物」は私たち人間の美容・健康を守るために活用されてきました。

植物は現在でも私たちに力を与えてくれています。


今回のスキンケア講座では『高い美容効果を持つ和漢植物エキス』をご紹介していきます。


■和漢植物エキスとは
皆さんも「生薬」という言葉をご存知ですよね。漢方薬の材料のことを指す言葉ですが、和漢植物も生薬に該当します。
しかし、薬事法の関係で、化粧品では「漢方」」「生薬」という言葉を使用することはできません。
表現が難しい和漢植物の魅力を伝えるために、「和漢植物エキス」という言葉が生まれたのです。


■化粧品に使用される和漢植物
①甘草(カンゾウ)エキス
アジア圏原産の豆科植物の根から抽出されたもので、皮膚の保護剤に用いられるエキスです。中国やモンゴルなどが主な原産国として知られています。

②黄芩(オウゴンエキス)
肌の保湿剤として用いられます。シソ科の黄金花の根を乾燥させて抽出したエキスです。

③当帰(トウキ)エキス
保湿剤として使われるエキス。山間の岩山に自生するセリ科植物の根から抽出したもので、皮膚の活性化をサポートしてくれます。

④リンゴエキス
皮膚コンディショニング剤抗炎剤として利用されるエキス。その名の通り、リンゴの果実から抽出されたものを指します。

化粧品開発の際に、この和漢植物エキスを利用しているメーカーは多くあります。
和漢植物エキス配合の化粧品を購入する際は、しっかりと知識を覚えて肌の悩み解決に役立ててくださいね。


以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、男性化粧品のザスインターナショナルです。

a0002_002293
『髪』
は女性の命だと昔から言われていますが、男性にとっても非常に重要なパーツと言えます。
しかし、男性は女性と比較して髪に無頓着な方が多いのもまた事実。


例えばお風呂上りに髪を軽く乾かすだけで寝てしまうという方がいらっしゃるかもしれませんが、これは髪の傷みを促進させてしまう習慣の1つです。就寝前にはしっかり髪を乾かさなければいけません。

今回の身だしなみ講座では髪の傷みを予防する上で欠かせない『ドライヤー』の正しい使い方をご紹介いたします。

■ドライヤーが髪に与える影響

ドライヤーで髪に熱を加えるのは良くない、と考えている方も多いのではないでしょうか?
たしかに、ドライヤーのし過ぎで、過度に熱を加えるのは髪に悪影響を与えかねません。
しかし、「濡れたまま」はそれ以上に髪を傷める原因となります。
濡れた髪の毛はキューティクルが開いていますので、摩擦などの刺激に弱くなっているのです。
軽くタオルドライしただけで就寝してしまうと髪同士や枕などの寝具と擦れて、髪が傷んでいきます。
これを予防するためにも、しっかりとドライヤーで髪を乾かしてキューティクルを閉じる必要があります。

また、濡れた頭皮や髪は菌の繁殖を加速させますので、頭皮や髪のトラブルに繋がりますし、臭いの発生源にもなりかねません。ドライヤーはこれらの予防にも一役買っていると言えるでしょう。


■正しいドライヤーの使い方
ドライヤーは髪や頭皮を守るためにも必要だということがお分かり頂けたと思いますが、ドライヤーを正しく使わないと逆効果となってしまい、傷んでパサパサになってしまう可能性もあります。
上手にドライヤーを使用する方法を紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

・タオルドライ
ドライヤーの前にはまずタオルドライから。
ただ、ガシガシと髪を拭いてしまうと摩擦で髪が傷んでしまうので控えてください。
柔らかい生地のタオルを使って、髪の毛を包むように髪の水分を吸収しましょう。
毛先はタオルで挟み込んで、優しくおさえてください。

・まずは頭皮を乾かす
ドライヤーの用途は髪の乾燥だけではありません。
タオルドライ後は髪をかき分けて、頭皮に直接風を当てていきましょう。
この時注意したいのは
「同じ箇所に風を当てすぎないこと」
「ドライヤーと頭皮の距離が近づきすぎないこと」

の2つです。

同じ部位だけ乾燥させても意味がありませんし、過度な乾燥はトラブルの元になります。使用の際はドライヤーを揺らしながら使うことを心掛けてください。
また、ドライヤーを近づけすぎると熱で頭皮や髪に負担がかかりますので、乾燥させたい箇所から20㎝ほど離して使ってください。

・髪にドライヤーを当てる
ここでようやく髪にドライヤーを当てていきます。
頭皮を乾かす時と同様に、髪から20㎝離して、軽く動かしながら使いましょう。
キューティクルは根本から毛先に向かって構成されていますので、ドライヤーで乾かす際も根本⇒毛先という順番で行ってください。
8割ほど乾燥が完了したら、熱風から冷風に切り替えましょう。髪をクールダウンさせることで、キューティクルを引き締める効果があります。

ドライヤー後はコームやブラシで髪を整えてください。
ただし、ダメージヘアの方はさらに髪を傷めかねませんので、コーム・ブラシといった道具を使用せずに手ぐしで整えることをオススメします。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男の身だしなみ講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

10417461_927396310645022_2414812521979116039_n
春から初夏にかけて、紫外線量が急激に増えていきます。
紫外線はメラニンの生成を促進し、シミ・そばかすや肌の乾燥、シワを引き起こす元凶ですので、夏本番を迎える前にしっかりと対策しておきましょう!

今回のスキンケア講座では『初夏の紫外線対策』をご紹介いたします。



■意外と知らない紫外線の種類
紫外線はUVA(A波)UVB(B波)の2種類に分けられます。
UVBは夏に多く、肌を炎症させる大きな原因です。UVBによって肌が黒くなり、次第に「日焼け」を自覚していくことでしょう。
一方UVAは1年中降り注ぐ紫外線で、ゆっくりと肌の奥深くまで浸透していくのですが、こちらのUVAこそがシミ・シワ・たるみの原因となります。

■今の時期に合った日焼け止めの選び方
日焼け止めに「SPF○○」「PA+」と表示されていることはご存知でしょうか?
UVBを防止する効果の強さはSPF○○で表され、数値が高ければ高いほどUVBから肌を守る効力が高くなります。
UVAの防止効果はPA+で表され、+の数が増えるほど効果的なUVA対策が可能です。

どちらに関しましても数値が高いほど効果的ですが、それに比例して肌への負担も大きくなります。
そのため、日常で使用するのであればSPF20PA++程度で問題ありません。レジャーを楽しむ際はSPF30~50程度の物を選びましょう。
紫外線対策はすぐに効果が出るわけではありませんが、将来の肌コンディションに大きく影響を与えます。
UVBの量がピークとなる真夏を迎える前に、対策を始めてください。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

このページのトップヘ