メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

2015年06月

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。


10406486_949847001733286_8909226925207104712_n
毛穴の詰まり、ベタつきが気になる季節ですが、これを改善させるためには「洗顔」の見直しが不可欠です。
洗顔料をつけて、そのまま勢いで顔全体を洗ってしまうと、Tゾーンや小鼻に付着した皮脂や汚れがしっかり落ちていないかもしれません。


汚れを確実に落とすためには洗顔の順番を意識しましょう。
今回のスキンケア講座では「覚えておきたい洗顔の順番」をご紹介します。

■正しい洗顔の順番

①鼻周辺、額を洗う
鼻の周りや額は皮脂の分泌が活発ですので、まずはTゾーンの汚れから落としていきましょう。
洗顔料はしっかり泡立てて、決してこすらずに泡に汚れや皮脂を吸着させるように洗ってください。

②頬~口周り
Tゾーンの次はUゾーンを洗っていきましょう。
頬から口周りのUゾーンは皮脂が少なく、刺激に弱いので、泡を広げていくように優しく、かつ素早く洗うようにしてください。

③目の周り
最後に乾燥しやすい目の周辺を洗いましょう。
強くこすると角質がはげて乾燥しやすいので、きめの細かい泡を作って、包み込むように洗ってあげてください。

④すすぎ

洗い残しはニキビ、吹き出物など肌トラブルの原因ですので、しっかりと確実に洗い流しましょう。
ぬるま湯で顔をすすぎ、泡のすすぎ残しがないのを確認してからタオルで水分を拭き取ってください。この時には清潔なタオルを選ぶようにしましょう。

洗顔の順番を意識してさえいれば、洗い残しもなくなりますので肌の調子が良くなっていくはずです。ぜひ皆様もお試しください。


以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、男性化粧品のザスインターナショナルです。

N112_washitudekuturogu

暑い夏はついついファッションも適当になりがちですよね。
夏をもっと楽しむためにも、機能的にも優れた衣類を身にまとうことをオススメします。

今回の身だしなみ講座では「涼しい衣類素材」をご紹介いたします。涼しく快適な日々を服の選び方で手に入れましょう。



■リネン(麻)
夏の強い味方であるリネンは、夏向け素材の代名詞です。
吸湿性と速乾性耐久性に優れているリネンは、天然素材で肌触りもよく、夏にうってつけの素材だと言えるでしょう。
独特の光沢があって、ファッション性が高いのも特徴の一つです。
しかし、シワができやすく、摩擦に弱いという欠点もあります。
洗濯する際はネット入れて洗う、脱水は少なめに行うなどを意識して、シワを防ぎましょう。

■コットン(綿)
吸水性の良いコットンもオススメの夏素材となります。汗を吸収・発散してくれるので、ベタベタと不快な気分を味わうことも少ないでしょう。
また、コットンの場合はタンパク質を持たないので、虫によって服に穴が空いてしまうなど虫食いの被害を受けない起きないというのも嬉しいポイントです。
ただし、縮みやすくシワになりやすいという欠点もありますので、洗濯後はしっかりとシワを伸ばして干してあげてください。

■レーヨン

天然素材ではなくても夏向きの素材があり、再生繊維であるレーヨンはその代表格だと言えるでしょう。
ヨーロッパの一流ブランドはレーヨンを多用するように、欧米では高級素材として扱われています。
綿以上の吸収率と、なめらかな肌触りがレーヨンの特徴です。
しかし、水洗いをすると縮んでしまう可能性が高く、取扱いには十分に注意しなければなりません。
ご家庭ではできるだけ洗濯をせず、クリーニングに出すことをオススメします。

素材次第で夏の過ごしやすさは激変することでしょう。
今回は代表的な素材を紹介いたしましたが、このほかにも夏向きの素材は豊富にあります。涼しさと自分の好み、どちらのポイントも満たしてくれる素材を探してみてはいかがでしょうか?

以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男の身だしなみ講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

a0003_000817冬の間に汗をかく機会が少ないと汗腺が衰えてしまいます。
そうなると、老廃物を含んだベトベトした汗をかくようになります。これがニキビや肌荒れの原因にもつながるのです。


梅雨時の肌トラブル防止には、まずは汗腺を鍛えるようにしましょう!


■汗腺の鍛え方
①入浴
1.熱めのお湯(40~43℃)を浴槽20cmくらいまで入れ、ひざ下とひじから先を10分間ほどお湯につける
2.同じ湯船のお湯を36℃程度のぬるま湯にし、10分間ほど全身を浸かる

こうのようにすることで体の芯まで温まり、汗腺を目覚めさせることにつながります。またリンゴ酢やバスソルトなどの発汗作用を促すモノを使用すると、より効果的に体を温めることができます。

②ショウガ
食べ物や飲み物にショウガを取り入れることで体が温まり、発汗効果が期待できます。また、ショウガには胃腸を整える働きや疲労回復効果もあるので健康のために取り入れているのもオススメです。

③エアコンの使用を控える
ムシムシと暑さを感じる日も多くなりますが、あえてエアコンの使用を控えることで汗腺を鍛えることにつながります。
しかし、暑さや湿気がつらく、不快感を感じることもあるかと思います。そんな時は出来るだけ冷房ではなく、除湿を選ぶようにしましょう。

梅雨の蒸し暑い時期に美肌をキープするには、汗腺を鍛えて質の良い汗をかくことが大切になります。
でも、必要以上に汗をかくことは雑菌の増殖や肌の乾燥を招く原因です。
たくさん汗をかいた後は清潔に保つためにも、しっかりと洗うようにしましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、男性化粧品のザスインターナショナルです。

a0002_007455
ムダ毛の中でも「鼻毛」は特に嫌われやすいです。確かにどれだけ整った顔立ちをしていても鼻毛がピョンと出てると、それだけで間抜けに見えてしまいますので、鼻毛には気を遣っている方も多いことでしょう。


でも、比較的簡単に処理できる部位だからこそ正しい鼻毛処理を知らない方も多いのではないでしょうか。
今回の身だしなみ講座では「鼻毛を切るときのポイント」をご紹介します。


■鼻毛を全部処理すべきか
基本的には他人の目に触れる部位ではありませんので、「めんどくさいから全部処理してる」という方も少なくありません。
鼻の主な機能は「空気を吸って、肺に送り込む」というもの。この時にウィルスやほこりなどを取り込まないようにブロックするのが鼻毛の役割ですので、鼻毛がないと体に害があるものを吸い込んでしまいます
また、鼻内部の湿度を一定に保つのにも鼻毛が必要で、すべて処理すると鼻が乾燥してしまい、アレルギー性鼻炎になってしまうかもしれません。
不要だと思われがちな鼻毛ですが、私たちの体を守るという大切な役目があるので、適切に処理するようにしてください。

■抜くはNG
鼻毛を「抜いて処理する」という方もいらっしゃいますが、実は鼻内部を傷つける大きな原因となります。
鼻の粘膜は想像以上にデリケートで、ちょっとした刺激で傷ついてしまう可能性があります。また、鼻の入口は雑菌が多いので、傷から菌が侵入して炎症を起こしてしまうかもしれません。
鼻毛を抜くと皮膚にダメージを与えやすいですし、毛穴から菌が入ってしまうので化膿しやすくなります。

■鼻毛カッターかハサミがベスト
鼻毛の処理には鼻毛カッター鼻毛用のハサミが最適です。
鼻毛カッターはどんな方でも簡単に鼻毛を処理できる便利な身だしなみアイテムとなります。
ただし、根元までキレイに切れないというデメリットもあります。
中が見えやすい鼻の形をしている方は鼻毛用のハサミが一番でしょう。
刃先が丸くなっていて、鼻の中を傷つけにくいのが特徴です。しかし、刃物には変わりないので、使い方を間違えると鼻内部を傷つけてしまうでしょう。

<正しい鼻毛の切り方>
・鼻内部の汚れや水分をティッシュなどで除去する
・切るほうではない穴を潰すように押す
・鼻の形に沿ってハサミで切っていく
・鼻先を押上げ、中隔に平行に切っていく
・鼻を上から押しつぶして切り残しがないかを確認



上記の方法で慎重に処理していけば鼻を傷つける心配もありませんし、処理し忘れることもないはずですよ。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男の身だしなみ講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。
11412438_941920419192611_4115715178836356084_n

ジメジメして不快な気持ちになる梅雨は、過ごしづらいだけではなく肌にも大きな影響を与えます。しっかりとケアしないと肌のトラブルに悩まされることになるかも。

今回のスキンケア講座では「梅雨を乗り切るスキンケア」をご紹介いたします。
夏をキレイな肌で迎えたいという方は必見です。



■梅雨に肌トラブルが起きる理由
梅雨は気温・湿度共に上昇し、皮脂の分泌量が一気に増えます。
肌の潤いを保つためには欠かせない油分ですが、過剰に分泌されるとニキビや肌荒れの原因にもなりかねません。

■梅雨の洗顔

肌のべたつきが気になると頻繁に洗顔したくなりますよね。
しかし、過剰な洗顔は逆効果になってします。
肌に必要な油分が落ちてしまうと、肌は油分を補うためにさらに多量の皮脂を分泌してしまうのです。
梅雨の肌をきれいな状態で保つためには、毛穴に詰まってしまう皮脂を除去して、清潔を保てる程度に洗顔をすることを心掛けてください。

■梅雨の保湿
たとえベタベタが気になるからといって、保湿ケアを怠るのはNGです。肌の水分と油分が不足し、インナードライという状態になってしまうかもしれません。
インナードライになると肌のバリア機能が低下してしまうので、乾燥ニキビ毛穴詰まりの原因となります。
ベタつきが気になっても、化粧水やクリームで肌内部の水分を保つようにしてください。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

このページのトップヘ