メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

2015年08月

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

睡眠「美容液やパックなどの特別なケアをしたわけでもないのに、ぐっすり眠った翌朝は肌の調子が良い」という経験をした方もいるかと思います。睡眠中は肌のダメージを修復する成長ホルモンが分泌されます。ぐっすり睡眠をとることは美肌作りにとって重要です。でも、毎日十分に睡眠を取るのは難しいのも事実ではないでしょうか。

今回は少ない時間の睡眠でも、睡眠の質を高めるための方法についてご紹介します。

■睡眠の質を高める方法
①照度
寝る時の照度について、暗ければいいというわけでありません。寝室が真っ暗だと心理的に不安になったり、夜中に起きた時に周りが見えずに転んでしまう危険性があります。照度は0.3ルクスの明るさ(月明かり程度・ぼんやり室内が見える程度)が理想的です。

②温度・湿度
ぐっすり眠るのに最適な室温は夏で25~27℃、冬で14~20℃が目安です。また湿度の関しては、50~60%を最適。まだ冷房に頼ることが多いと思いますが、付けっぱなしだと体が冷えて、熟睡できない場合があります。
冷房の使用は、1~2時間で電源が切れるようタイマー設定しておくと良いでしょう。

③パジャマ
睡眠の質を高める方法として、寝る際の服装も重要。ぐっすり眠るためには、パジャマがオススメです。寝ている間は体温が上がり、汗をかきやすくなります。通気性が悪い服装だと、熱気と湿気がこもるのでよくありません。でも、パジャマなら汗やムレを気にすることも少ないので快適です。

睡眠の質を高めることは、何よりも手堅い美容法です。寝る前のスキンケアと合わせて、睡眠環境を整えることも意識していきましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、男性化粧品のザスインターナショナルです。

2

多くの人が無地のTシャツを持っていることだと思いますが、シンプルだからこそ差が生まれやすいアイテムだと言えるでしょう。



今回の身だしなみ講座では「意外とむずかしい無地Tのコーディネート」をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

■モノトーンは鉄板!
さわやかさがアップする白の無地Tシャツですが、適当に着ているだけだと全く魅力をアピールできません。
白無地の魅力をアップするテクニックはいくつかありますが、やはり王道は「モノトーンを意識すること」です。
ブラックのパンツをあわせてモノトーンコーデを完成させましょう。Tシャツだとどうしてもカジュアル色が強くなってしまうのですが、革靴などを選ぶとドレッシーな印象になります。

■ポケットTシャツは注目アイテム
シンプルすぎることから「肌着」と勘違いされやすいですが、そう思われるのはちょっとがっかりですよね。
胸元にポケットのあるものを選ぶだけで、さりげない主張ができます。
ポケット付きは他の無地Tシャツと比べても使いやすく、一枚は持っておきたいアイテムだと言えるでしょう。

■ワントーンコーデでこなれた印象に
ワントーンのコーディネートは今や世界規模でのトレンドで、オシャレ上級者への入口と言えるでしょう。
男らしさをアピールするのであればグレーやブラックなどの暗めの色がベストです。明るいグレーの無地Tシャツにダークなジーンズをあわせましょう。足元もグレーだと統一感が生まれますが、パンツとのグラデーションに注意してください。

■重ね着をマスターしよう
無地Tシャツは単体でサラッと着こなすのも良いですが、重ね着で印象を変えるのもオススメです。
たとえば無地Tシャツ×ボーダーTシャツという組み合わせは相性抜群で、裾からチラッとボーダーが見えているだけでオシャレな雰囲気をアピールできます。

自分の思うようなレイヤードができないという方は色違いを購入するようにしましょう。重ね着はTシャツ自体の形状が似ているほど映えるものですので、お気に入りの無地Tシャツがある方はいくつか色別で購入しておくことをオススメします。


今回紹介したものは特別なアイテムを必要としません。購入や着こなしのハードルも低いので、誰でもオシャレ上級者が目指せます。
自分のファッションをレベルアップさせるためにも、無地Tシャツを上手に着こなしましょう!

以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男の身だしなみ講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

a0001_017208暑い時期、洗顔に冷水を使う方もいるのではないでしょうか。冷水を使うと、ひんやりと気持ち良いものですが、肌への刺激が強いので冷水を取り入れる際は注意が必要になります。



今回は洗顔に冷水を取り入れる際の注意点をご紹介します。

■冷水洗顔の長所
①肌の血行促進
ぬるま湯で洗った後に冷水ですすぐと、温度差により肌の血行が促進されます。血行促進は肌代謝を高めるので、くすみの解消に効果的です。

②冷水の刺激が気持ちいい
気温の高い時期は冷水で顔を洗うと、肌が引き締まった気がして、気持ちよく感じます。特に暑い夏場なら尚更です!

■冷水洗顔の短所
①毛穴の引き締めには効果的ではない
『冷水で冷やす=毛穴が引き締まる』と思われる方も多いのですが、冷水での毛穴の引き締めは一時的な効果で、時間が経つと戻ってしまいます。

②刺激が強い
急激な温度の変化は肌にとって負担です。特に敏感肌や乾燥肌の場合は、より負担が大きため、できるだけ避けた方がいいでしょう。

③化粧水や美容液の浸透を妨げる
一時的に毛穴を引き締めてしまうので、化粧水や美容液の成分の浸透を妨げる可能性があります。

冷水を取り入れる際は、あくまでも洗顔方法の一つとして捉えておくのが好ましいと言えます。毎日の洗顔に関してはぬるま湯がオススメ。肌への負担が少ない32℃前後のぬるま湯で、丁寧な洗顔を心がけましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

皆さんこんにちは、男性化粧品のザスインターナショナルです。
1
8月も終わりが近づいていますが、今年も厳しい残暑が予想されています。まだまだ夏は続くようです。
せっかくの夏ですから、手元をオシャレに飾ってみませんか?


夏のアイテム「扇子」は、スマートに使いこなせば夏の季節を素敵に演出してくれるはずです。

でも、どんな扇子を選べば良いか分からないと手が出せないままの方も多いのではないでしょうか。
そんな方々のために今回の身だしなみ講座では「正しい扇子の選び方」をご紹介いたします。


■女性用との違い
扇子には男性用と女性用に分かれています。
この2つの違いは「大きさ」と「デザイン」に現れています。

・大きさ
男性用の扇子は7.5寸(約22㎝)が基本です。女性用の場合、男性よりも若干小さい6.5寸となります。

・デザイン
男性の場合、黒や紺など、落ち着きのあるカラーやデザインが多いです。一方の女性用ですと、鮮やかなカラーをしていたり、花柄などデザインも豊富にあります。


■扇子の素材
扇子は「紙製」と「布製」に分かれますが、それぞれ長所・短所がありますので、購入前に覚えておきましょう。

・紙製
紙製は布よりも風量が強く、涼しさを一番に考えるのであれば紙製が良いでしょう。
また、布製の物よりも値段がリーズナブルです。
ただし、破れてしまったり、色あせたりしますので、耐久性はあまり良くありません。お手頃な価格ですので、「壊れたら買い換える」というスタンスで使用する方も多いです。

・布製
布製の扇子は風量こそ紙製に劣りますが、耐久性が高く、長い間使えるという大きな長所があります。
布製の扇子にはシルクがよく使われていて、見た目からも高級感を感じられるでしょう。
ただし、折り目が広がりやすいので、汚れがつきやすいという短所もあります。

■骨組み
扇子を選ぶのであれば、骨組みも要チェックです。
あまりに軽いとあおいでも強い風が起こりません。プラスチックの骨組みで作られている扇子も増えてきていますが、強い風を起こすにはできるだけ竹素材を選ぶようにしましょう。
また、高級感をアピールするのであれば中骨が多いものをチョイスしてください。ただし、中骨が多いとその分値段も上がることは覚えておきましょう。


自分のイメージにピッタリの扇子を探し、残りの夏を満喫してくださいね。

以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男の身だしなみ講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

mksお盆休みを利用して、海やプールなどに出かける方も多いかと思います。暑い夏場は特に紫外線が強いですし、肌を出すことも多いのでしっかりとした紫外線対策が重要です。



今回は海水浴での紫外線対策をご紹介します。しっかりと対策して、海での日焼けを最小限に抑えましょう!

■日焼け止めは耐水性と耐水時間をチェック

日焼け止めはウォータープルーフのタイプを使用しましょう。その際に日焼け止めの裏面に耐水性の記載があるかを確認することが大切。
他にも、ウォータープルーフのタイプには耐水時間の設定がありますので、耐水時間に応じた塗り直しが必要です。

■ラッシュガードは濃い色のモノを選ぶ
ラッシュガードは、なるべく黒や紺など濃い色のモノを選ぶこと大切です。白やベージュなどの淡い色は紫外線を通しやすいくなります。また、デザイン重視のモノだとまだら焼けの原因にも。ラッシュガードは濃い色で、シンプルなデザインのモノを選ぶようにしましょう。

■海水浴後のケア
日焼け止めをしっかりと落とすことが重要になります。日焼け止めが残っているままだと、肌に悪影響を与えます。ウォータープルーフのタイプは洗顔料だけでは落ちませんので、クレンジングオイルを併用して落としましょう。

しっかり対策しても、海水浴場では普段より多くの紫外線を浴びてしまいます。たくさん紫外線を浴びた肌は乾燥しがちに。日焼け止めを落とした後は早急に化粧水やクリームなどで、保湿するようにしましょう。また、抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEを摂って、日焼けしにくい肌作りをすることも重要です。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。

このページのトップヘ