みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。
全身に使えるワセリンの美容効果
スーパーやドラックストアなどで販売されているワセリンですが、実は乾燥肌を防止する効果があると言われています。



そこで、今回はワセリンの保湿効果をご紹介します。
全身に使える万能アイテムですので、気になる方はぜひ参考にしてください。

■ワセリンって何?
ワセリンは皮膚を保護する保湿剤の一種。鉱物油(ミネラルオイル)を原料として高純度に精製することで作られます。
肌への副作用が少なく、昔から重宝されてきました。

■ワセリンの使用法
①ハンドケア

手の乾燥や指先のひび割れなどの対策としてハンドクリーム代わりになります。少量を馴染ませるだけで、乾燥から肌を守ってくれます。

②リップケア
唇を乾燥から守るリップクリームの代わりも果たします。唇に塗るだけで乾燥を防いでくれます。

③スキンケアのクリーム
化粧水を付けた後、クリームや乳液でスキンケア成分を肌に閉じ込めますが、ワセリンもクリームや乳液と同じ働きをしてくれます。

④ボディケア
体の乾燥が気になる部分に、ワセリンをに塗ることで乾燥の改善や予防につながります。

■便利なワセリンですが・・・
ワセリンを使用する際は少量を心がけることが重要。
油分が多いため、塗りすぎるとベタつき、皮脂が余計に目立ってしまうこともあるのです。
またワセリンは酸化しやすい特徴があります。酸化したワセリンは変色し、匂いもキツくなりますので、酸化を防ぐためにも保管に気をつけましょう。

便利なアイテムですが、気を付けないと肌トラブルにつながる可能性もあります。ワセリンが原因で肌トラブルを起こさないためにも、ワセリンの効果や使い方をしっかりと理解しましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりスキンケア講座をお届けしました。