メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

カテゴリ: 男のヘルスケア講座

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

fast-food-438659_640「料理の味付けが濃くなってきている。」「馴染みのお店で同じ料理を食べているけど、味付けが薄く感じる。」といった経験がある方は味覚障害かもしれません。
味覚障害は、最近では若い世代にも患者数が増えており、注意が必要です。

今回は、味覚障害とその原因や予防法などについてご紹介します。

■味覚障害とは
味覚障害とは、味を薄く感じるなどの味覚に異常が起こっている状態を指します。
味が薄いと感じる“感度の低下”から、味を感じなくなる“感度の消失”まで、症状は人それぞれ。
また、「本来の味と違う味になった」という場合も味覚障害の症状のひとつです。

■味覚障害の原因
・味蕾(みらい)の減少萎縮

味は、舌やのどの奥にある味蕾という感覚受容体が五大基本味(甘味・塩味・酸味・苦味・旨味)の情報を受け取り、脳に伝達することで感じることができます。
味蕾は老化するとともに減少・萎縮することが分かっています。

・亜鉛不足
味蕾細胞が新陳代謝をするには亜鉛が必要です。亜鉛が不足すると味蕾の働きが鈍り味を感じにくくなります。
亜鉛不足は、過剰なダイエットやファストフードの食べ過ぎなどの食生活の乱れによって起こるため注意が必要です。
特に食品添加物の多い食品は、亜鉛を吸収にくくしてしまいます。

・唾液分泌の低下
唾液には味の成分を溶かして味蕾へ運ぶ働きがあるほか、味蕾細胞を保護する働きがあります。
唾液分泌が低下する疾患や老化に伴い唾液が減少することによって、味を感じにくくなります。

・舌苔(ぜったい)が多量についている、カンジダ症
舌の表面についている苔のような物質、舌苔が多くついていたり、カンジダ症によって膜に覆われていると味蕾に味の成分が届きづらくなり、味を感じにくくなります。

・味覚の感覚神経がダメージを受けた
舌の神経味覚を司っている脳の部位に障害が起きた場合に、味覚障害になります。

・薬の副作用
抗生剤や抗アレルギー剤、血圧を下げる薬などを長期的に服用すると副作用により味覚障害になることがあります。これは薬に含まれる成分が亜鉛とくっついてしまい、亜鉛の吸収量が減り、亜鉛不足になってしまうことが原因です。

・心因性のもの
味覚は脳が感じているもの。心因的な影響を受けると味覚障害になる場合もあります。

■セルフケアと予防法
・食事と栄養
亜鉛を摂取することで、症状が改善されると見込まれます。
亜鉛は体内で作り出すことができないため、食事で摂取するようにしましょう。
亜鉛は貝類や海苔、にぼし、昆布、チーズなどに含まれています。

・口内環境を清潔に
味覚障害の原因になる舌炎は、普段から口の中を清潔に保つことで予防することができます。

・ストレスをためない
ストレスをためないことも大切。ストレスは心因的な影響を及ぼすので注意してください。

以上が、味覚障害とその原因や予防法などについてでした。
普段の食生活の乱れが味覚障害の引き金になります。気になる節のある方は、これを機会に食生活を見直してみるのもいいかもしれません。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

OZP73_hagaitaidansei20130707_TP_V4話したり、食事をしたりする度に痛い口内炎。
気が付くとできていて、痛みや煩わしさに悩まされることもめずらしくありません。
口内炎にはさまざまな原因があり、また症状も異なります。


今回は、口内炎の症状や原因と対処法をご紹介します。

■そもそも口内炎とは
“口内炎”とは字のごとく、口の中やその周辺にできる炎症のこと。痛みを伴い、複数できる場合もあります。
口は呼吸や食事などで外部の空気と接触する機会が多い部分。チリ、ほこり、細菌やウィルスなどの影響を受けてしまい、口内炎へとつながるのです。
口内炎の症状には痛みを伴うだけでなく、腫れやただれことがあります。さらに、盛り上がりや穴状のえぐれ、水疱など悪化することもあるのです。

■口内炎の原因
まず、考えられるのが栄養バランスの乱れ生活習慣の乱れです。
以上の2点によって、ビタミンB2が減って抵抗力が低下し、口内の粘膜が弱り炎症を起こしやすくなります。
また、火傷による傷や義歯などによる物理的な刺激・摩擦によって口内炎になる場合あります。
他にもヘルペスなどのウイルスや、カンジダ菌などの細菌の感染が原因となるのです。こういったウイルス性の口内炎はただれて、発熱や痛みを伴うことがあるため注意しなければなりません。

■口内炎の対処法
自然と治るのを待つ方もいますが、早く治したいという方は生活リズムや栄養バランスを整え、ビタミンB2などのビタミンB群を積極的に摂ることをオススメします。
辛い症状の場合は、市販の内服薬や塗り薬、貼り薬が効果的です。
しかし、発熱や倦怠感がある場合症状が10日以上続くときは医師の診断を受けることをオススメします。

口内炎は、疲労やストレスを知らせるサインでもあります。
多忙な時に口内炎ができた場合は食事の質を改善し、睡眠を取るようにしましょう。
毎日の食生活や生活リズムを整えることが、口内炎の予防になります。
口内炎ができやすくて悩んでいる方は毎日少しずつ改善していくことが大切です。


以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。
barefoot-1838338_640
「扁平足」といえば、土踏まずのない平べったい足裏を指すことは誰もがご存知ですね。
そんな扁平足ですが、人の健康や生活にどう影響するかについては知らない方も多いのではないでしょうか?


今回は、扁平足の影響と改善方法についてご紹介します。

■扁平足の影響
通常、土踏まずがあることで、人の身体はバランスを取りやすくなるようにできています。
また、土踏まずの隙間があることで衝撃を吸収でき、足腰への負担を軽減するという効果もあるのです。
扁平足は、外で遊んだり運動したりする子どもが減ったために起きている現代病と言われています。運動不足になったことで足の筋肉の発達せず、扁平足になってしまうケースもあるのです。

・足底筋膜炎になりやすい

長時間立ち続けている人に起こりやすい病気です。扁平足の人は、衝撃を吸収できないため足底筋膜炎のリスクが高くなります足底筋膜炎になると足の裏に炎症が起こり、ズキズキとした痛みが生じます。

・転びやすい
扁平足の人は足の筋力が弱く、またバランスを取りにくい状態です。このため、転びやすくなります。

・姿勢が悪くなる
土踏まずがないと身体のバランスが取りにくくなりますが、身体のバランス調整能力が衰えることで、猫背になるケースも多いです。猫背は疲れやすくなるばかりか、肩こり背骨の歪みを引き起こす恐れがあります。
また、歩き姿勢も悪くなり、歩き方も疲労を重ねるごとに変化し、身体のあちこちに負荷を与えてしまいます。
このため、肩こりの他、膝痛腰痛頭痛になりやすく、外反母趾のリスクも高まります。

■偏平足の改善方法
ストレッチで偏平足を矯正しますが、ストレッチの前にまず以下の2点をおさえておきましょう。
※両足を正しく正面に向けて行う
※足の外側に体重をかけるイメージで足裏がバランスよく地面と接するようにする


≫足先引き寄せ運動
片方の足を足一つ分前に出し、かかとを中心点にしてつま先を内側に引き寄せます。
内側に寄せたら5秒キープしましょう。これを5回繰り返し、反対の足も行います。
これを2セット行ってください。

≫アキレス腱ストレッチ
アキレス腱ストレッチは有名ですが、効果的に行うには、壁に向かって立ち、両手を壁について行いましょう。両手で壁を押しながら、足を後ろに伸ばします。できるだけ足裏が床から離れないように注意してください。

≫足首柔軟ストレッチ
壁や柱の前にして50~80cmほど離れて立ちます。片方の足を前に出しますが、このとき踵が床に着き、つま先が壁に接するようにします。
そのままの姿勢で上体を壁に寄せていくことで足首にテンションがかかりストレッチになります。

≫つま先立ち
つま先、足の母指球だけを床に着けながら踵を地面から上げましょう。
踵を上げた状態を5秒間キープするのを、5~10回行いましょう。

扁平足は、運動することが減った現代人において注意すべき状態です。
また、扁平足は足裏の血行を悪くして、むくみや冷えを起こすケースもあります。冷え性などの悩みを抱えている方は、扁平足の改善もオススメですよ。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメザスインターナショナルです。

PAK75_ryoutedefuu1209_TP_V鼻が詰まると、口呼吸になることがあります。
普段の生活の中でも、無意識のうちに口が開いて口呼吸をしてしまっている方も珍しくありません。
よく「口呼吸はよくない」と言われますが、それはなぜでしょうか?


今回は、口呼吸の悪影響についてご紹介します。

■口呼吸と鼻呼吸の違い
鼻で呼吸をすることを鼻呼吸、口で呼吸をすることを口呼吸と言いますが、この2点の大きな違いと言えば、口を閉じているかいないかです。
普段から鼻呼吸ができている人であれば、風邪などで鼻が詰まり一時的に口呼吸になっても、鼻づまりが解消されれば口呼吸に戻ります。
しかし、普段から口呼吸をしている方は、鼻詰まりが解消されても鼻呼吸に戻ることはありません。口呼吸は外気をそのまま気管へ送り込んでしまうため、さまざまな悪影響を及ぼす恐れがあります。

■口呼吸の悪影響
・前歯が虫歯になりやすくなる
通常、歯は唾液によってミネラルが供給されて、虫歯の初期状態を治しています。
しかし、口呼吸は口が開いていることが多いため、前歯が乾燥します。
このため、唾液がなくなって虫歯になりやすくなってしまうのです。

・歯周病になりやすくなる
先ほどの虫歯と同じように、口内環境は唾液の殺菌作用によって守られています。
口呼吸は、歯だけでなく歯茎も乾燥させてしまうために歯周病になりやすくなります。

・口臭が強くなる
口呼吸によって口の中が乾燥すると、唾液の殺菌作用が得られにくくなります。
口内の細菌の量が増えてしまうため、口臭が強くなります。

・睡眠時無呼吸症候群になりやすい
口呼吸が癖になっている人は、口で呼吸しやすいように舌が後方(喉のほう)にあります。
この状態が基本となってしまうと、睡眠時に力が抜けてさらに後方に舌が落ちて気管を塞いでしまうため、睡眠時無呼吸症候群になるのです。

・体調を崩しやすくなる
鼻呼吸をしている場合、鼻の粘膜によって乾燥した空気に水分を含ませ、湿度の高い空気を送り込むことができます。しかし、口呼吸の場合、乾燥した空気が直接気管に送り込まれるため、気管を痛めて風邪を引きやすくなります。
さらに、口呼吸は細菌を多く吸い込んでしまうために風邪だけでなくアレルギー症状を起こしやすくもなるのです

■鼻呼吸の効果
既にご紹介したように、鼻呼吸には粘膜や鼻毛によって取り込む空気から細菌を取り除く効果があります。また、粘膜によって乾燥した空気に湿気を持たせ、気管に悪影響が生じないようにしています。
口呼吸が癖になっている方は顔の筋肉が弱まり、ぼーっとした顔になる恐れがあります。子供であれば歯並びが悪くなる危険性も否定できません。鼻呼吸をしていることで、顔の筋肉や顎の筋肉が発達して引き締まった顔になり、こどもの歯並びが悪化する恐れも軽減されます。

口呼吸は、体調の悪化だけでなく見た目や子供の歯並びにまで影響する恐れがあります。
つい口呼吸をしてしまうという方は、医療用テープを口に貼るなど、普段から鼻で呼吸することを心がけ、癖を改善することをオススメします。


以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

みなさんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。
399d618223bec8c71f8b8a514d935e24_s
11月もせまり、冷え込みや乾燥が徐々に増してきました。風邪をひきやすい時期、健康を維持するために手洗いとうがいは欠かせません。



今回は、うがいの種類とその効果についてご紹介します。

■うがいとは
水や薬液などを口に含み、すすいで吐き出すことを言います。喉のほうをすすぐことを”ガラガラうがい”、頬を膨らませるうがいを“ブクブクうがい”といいます。
昔から風邪やウイルスの感染を予防するために、手洗いと一緒に行われてきました。実は、うがいは日本だけの習慣で海外にはありません。このことから、うがいはあまり効果ないと思ってしまうかもしれませんが、実際にうがいは効果的で、その効果も確認されています。

■うがいの種類
口うがいや喉うがいの他にも鼻うがいという方法があります。
うがいはそれぞれに目的が分かれており、効果があります。

・口うがい
口うがいは口に水や薬品を含んでブクブクとすすいだ後吐き出す、うがいです。
口うがいでは、口の中に残った食べかすや細菌を洗い流すことを目的としており、歯磨きの前後に行います。

・喉うがい
喉うがいとは、口に水や薬品を含んだ後、上を向いて息を吐きながらすすぐものです。
息を吐いたときにガラガラと音が鳴ることから、ガラガラうがいと言われています。
喉の細菌を洗い流す効果があると言われています。

・鼻うがい
鼻うがいとは、鼻に水を入れて鼻腔(びくう)内をキレイにすすぐことです。
鼻洗浄とも言われており、現在では鼻うがいのための商品が多く売られています。
鼻うがいをすることで、蓄膿症や花粉によるアレルギー性鼻炎の症状を緩和することができます。また、鼻に侵入した細菌も洗い流せるため風邪予防にもつながります。


うがいは塩水が効果的と言われています。塩水で行うことによって、炎症を起こしている部分から余分な水分を取り除いて、痛みをやわらげることができると言われています。また同じように鼻うがいを行う場合も、刺激が少ない生理食塩水がオススメです。
塩水は塩分濃度が0.9%(水1ℓに対して塩0.9g)になるようにしましょう。濃すぎると、かえって粘膜を痛めてしまう恐れがあるので注意してください。
小まめにうがいをして、冬を健康に乗り切りましょう。

以上、メンズコスメのザスインターナショナルよりヘルスケア講座をお届けしました。

このページのトップヘ