メンズビューティーラボ in ザスインターナショナル

カテゴリ: 男のモテ術

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。


AL007-zunishitesetumeisurujyousi20140722500




ふとした瞬間、自分の字は見られています。






最近ではメールでのやりとりが主なため、字を書く機会は減りましたよね。
とはいえ、全く字を書かないわけではありません。何かに署名する時、ちょっとしたメモをする時、その際に字が汚いと相手の女性はどう思うでしょうか?

■字の汚さで損をする?
男性の中には「美文字は女性に求めるもの」と思い込んでいる人がいます。
しかし、男性であろうと手書きの字が汚いと良い印象は持たれません。育ちや性格を字から推測する人も多くいるからです。
走り書きのような癖のある方は「性格も雑そうだな」と思われてしまったりと損なことも多く、特に仕事では綺麗な文字が信頼につながる場合もあります。
もちろん恋愛においても、字の美醜は無関係とは言えないでしょう。

■丁寧に書くだけでもキレイに!

小さい頃に字を習っていなかったから、そもそもセンスが無いからなどの理由で自分の字に対して諦めを持っていませんか?
実は「丁寧に書くこと」を意識するだけでも字はかなりキレイになります

<丁寧に書くポイント>
・筆圧は強く、ゆっくりかくようにする
・とめ・はねの強弱はしっかりつける
・一文字書くごとに隣の文字と平行に並んでるか見る

また、字が下手な人の多くは「平行な線」を書くのが苦手だと言われています。
思い当たる人は何度が平行線をキレイに書く練習をするだけでも、字がとても整って見えるようになります。


最近では字を書く練習ができるアプリなども出てきています。これならスキマ時間で練習することも可能です。自分の字にコンプレックスがある方は、この機会に見直してみませんか?

以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

N745_mimimototubuyaku500

女性が最も重視するコミュニケーションは「会話」です。



つまり会話で好印象を与えられれば恋愛の成功率もグンとあがります。
では、「女性に好かれる会話」とは具体的にどういったものを指すのでしょうか。


■目を合わせて会話する
当たり前のようですが、意外と出来ていない人が多いのです。
相手がこちらを見た瞬間に視線をずらしてしまう、明後日の方向を見ながら話すといった態度では、会話がはずみにくく相手との親密度も上がりません。
視線を交わす回数と愛情が比例している事は科学的にも証明されているので、気になる女性とは長く目を合わせるようにしましょう。
どうしても恥ずかしい場合は、相手の両目の間を見るようにしてみてください。


■聞き上手、相槌上手である
話し好きな女性は聞き上手な男性に対して「この人は私を理解してくれている」と信頼を寄せる傾向にあります。
しかし難しいもので、ただ単純に聞き続けているだけでは「聞き流されている」と感じてしまうようです。そこで大切になるのが相槌の仕方です。
とにかく話全体を聞き終えるまでは「うん」「それで?」と話が進むように誘導します。途中で拾えるポイントがあったら「それってどういうこと?」と聞き返してみましょう。質問をされると女性は自分の話に興味を持っていると感じ、話しやすくなるのです。
その際、話の腰を折らないようなタイミングであることが重要です。


■さりげないボディーランゲージ
話しながら身体を動かすようにすると、会話が盛り上がりやすくなります
相手と仲良くなりたい時は少しオーバーなボディーランゲージを用いるといいかもしれません。
また、聞き返す時に耳を寄せる、盛り上がった時は軽く肩に触れるなどのさり気ないスキンシップは親密度を一気に上げてくれます。


最初にもお話したように、女性にとって会話はとても大切なコミュニケーションです。仲良くなりたい相手との会話はおろそかにしないように注意しましょう。

以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

shinjyuku-alta20140921230347500

以前に一目惚れがきっかけの交際・結婚はうまくいきやすいというお話をしましたね。



約40万人以上が利用中の「ヒトメボ」というサービスで「一目惚れスイッチ」が押された時間帯を集計したところ、その42%は17時から23時の間だったと判明しました。つまり一目惚れは夜の時間帯に起こりやすいということです。
今回はその理由についてお話しします。

■「相手に好意をもたれている」と感じやすい?
瞳に入る光の量を調節するため、周辺の明るさによって人間の瞳孔は変化します。光が少ない夜の時間帯だと瞳孔は大きく開くのですが、これが一目惚れを増やす一因になっていると言われています。
また、人間は興味のある対象物を見る際にも瞳孔が開く傾向にあるのです。
つまり自分を見ている人の瞳孔が開いていると、「この人は自分に興味を持っている」と無意識のうちに感じるようになっているのです。

人間には、自分に好意を寄せる相手を好きになる「返報性」という心理が存在します。暗い夜に出会った人の瞳孔は自然と開いているので、恋に落ちる確率が上がっているということなのかもしれません。

■告白するタイミングも「夜」がベスト?
告白の成功率が高い時間帯も夜と言われています。
深夜であるほど確率が上がり、お昼と深夜とでは成功率に30%もの差がでているそうです。

この理由として挙げられているのが「副交感神経の活発さ」です。人は夜から深夜にかけて副交感詩形の働きが活発になり、安心感を覚えやすい状態になります。
そのため、この時間帯に告白されると相手を身近に感じやすくなり、成功率へとつながっているということです。


逆に昼の時間帯は警戒心が強く、YESと言いにくい精神状態であるという説もあります。単純にお昼は「仕事モード!」でその気になりにくい、という方も多いかもしれませんね。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。

JSK542_kanpai500
年末年始などの帰省中に恋愛をした、という経験はありませんか?




地元を離れて生活している女性は、帰省中に出会った男性に気持ちが動くことが多いようです。今回はその理由についてお話しします。


■気軽に話せる間柄になりやすい
学生時代は交流のなかった相手でも、久しぶりに会うと懐かしいと感じるもの。
また、学校の思い出話など共通の話題もあるため盛り上がりやすいのです。
「意外と話しやすい人だったんだな」と感じた瞬間から、恋愛対象としても意識するようです。

■成長した姿に惹かれてしまう
子どもの頃はパッとしなかった人も大人になるとある程度垢抜けていますよね。
その変化に驚き、それから気に始めるというケースは案外多いよう。

■同郷恋愛ならではのメリット
まとまった休みの取りやすい年末年始、夏休みといった期間に同じ場所へ帰れることは、同郷恋愛の最大のメリットではないでしょうか。
また、女性は男性よりも結婚を意識するタイミングが早めです。そのことを考える女性にとっては、同郷の男性と恋愛する方が将来的に安心という見方もあるようですね。

■共通の知人が多い
地元が一緒であれば、共通の知人も自然といることでしょう。互いのことを知る知人がいることで相談相手などもできやすく、恋愛が長続きする傾向にあるようです。

■昔好きだった人との再会
学生の頃に好きだったものの、結局何もアクションを起こさずに過ごしたという人は意外と多いそうです。同窓会やクラス飲み会で久しぶりに再会した時、その頃の気持ちが再度燃え上がることも。


帰省中もある意味出会いのチャンスと言えますね。
お休みが終われば遠距離になってしまう場合もありますが、帰るところが同じという安心感は大きいと思います。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

皆さんこんにちは、メンズコスメのザスインターナショナルです。


BL003-usousocyottomatte20140810500


何気なく使っている一言が、女性を遠ざけているかも。




誰でもひとつは持っている「口癖」。
そのほとんどが無自覚なものですが、内容によっては自分のイメージダウンになる可能性があります。
今回は非モテ男が使いがちな口癖をご紹介します。

■「でも、~だから」
こうした言い回しを多用する人は相手にネガティブな印象を与えます
確かに、できない(やらない)理由ばかり話す人と一緒にいても楽しくないですよね。

女性に限ったことでなく、人はやはり前向きな姿勢を好むもの。
言い訳めいた口調はすっぱりとやめるべきでしょう。


■「俺的には~」

この口癖を使う人は「周りの意見を聞き入れない人」と思われます。
実際、自分の考えであることを前置きにすることで、周りの反応からバリアを張っている節があるのです。

バリアを張るという行為は「自信の無さ」の表れでもあります。
心当たりのある人は、自分に自信をつけていく必要があるかもしれませんね。


■「昔は~だった」
昔の自慢話につながる口癖は最も不評です。
なかでも特に嫌われるのが「昔はモテた」発言。アピールのつもりでも、実際は女性をうんざりさせています。
その逆である「昔はダメだった」いう話も、過去と比較して現在を良く見せようとする心理が働いているだけなのでNGです。

相手が見ているのはあくまでも「現在のあなた」です。この口癖をつい使ってしまうという方は、(アピールのつもりではなくても)印象が悪いので止めておくべきと言えます。


■「つまり?」
この口癖を持つ男性は、女性にとって「話を聞かせたくない相手」です。
女性はオチが無い話をひたすら続けてしまう傾向にあり、「つまり?」と問いかけられることがストレスになる場合もあるのです。結果、この人には話したくないと思うようになってしまいます。

この口癖に心当たりがある人は、女性にとっての「聞き上手」ではないということです。


■「~したいんだ」
「あの国に行ってみたいんだ」
「○○になるのが夢なんだ」
夢を語る男性は魅力的に見えるものですが、度を過ぎると口ばかりの印象がつきます。
行動が伴わないまま夢見がちなことばかり話していると、だんだん発言に対する信憑性も失われてしまいます

実際のところ、不言実行が最も男らしいのではないでしょうか。


このなかに心当たりのある方は自分の口癖を見直してみましょう。
ピンと来なかった人も無関係とは言いきれません。最初にも話したように口癖は無自覚なものが多いからです。


以上、男性化粧品のザスインターナショナルより男のモテ術をお届けしました。

このページのトップヘ